妊活中の親との付き合い方

妊活中の両親との付き合い方

私は結婚が遅かったので、すぐに妊活を始めたのですが、思わぬことに足を引っ張られてしまいました。
妊活は、パートナーと協力して自分のペースで進めていくものだと私は思っています。
自分たちの思う理想の形として仕事を続けながら妊活を始めた私に、実家の母が口を出してくるのです。
3ddd419c25825fd4a691cd3162124dac_s

実の親からのプレッシャー

私の母は、もともとよく電話をかけてくる人でした。
子づくりのことや、私が結婚後も仕事を続けることに対しての意見を言われても、最初は「子供が出来ない私たちのことを心配しているんだな」「はやく孫の顔が見たいんだな」と思っていました。
ですが電話の度に言われたり、ワイドショーで芸能人の妊娠や出産のニュースを見たりすると「あなたたちも早く」などと言うので、とにかくプレッシャーでしたしストレスでイライラしてしまうのです。
だんだん電話がかかってくると「またか」という気持ちになり、居留守を使うようにもなりました。

親子の距離感

こんなにストレスをためていては妊活にも悪影響だと思った私は、思い切って母にしばらくそっとしておいて欲しいと頼んだのです。
母も自分が口を出しすぎていたことに気がついてくれて、反省してくれたのでホッとしました。
もしここで、母が言い返してきたら私もストレスが爆発して、大げんかになっていたかもしれません。
親子なので遠慮なく話してしまうのも、時には考えものだなということが分かりました。
私は母の心配が減るように定期的に連絡は取りましたが、ある程度の距離をもつことにしたのです。
幸い、プレッシャーやストレスが減ったおかげか間もなく妊娠することが出来て、母にも良い報告をすることが出来ました。
親子だからこそ、きちんと話して分かってもらうことも時には大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です