今では常識。必須栄養素「妊娠中の葉酸」

妊活中から摂取したほうが良いとされる「葉酸」
無事に赤ちゃんを授かったあとも、必要なのでしょうか。

過剰摂取するとどのようなリスクがあるのでしょう。

また葉酸のサプリメントを使わずに十分な葉酸を摂取することはできないのか等、葉酸についての疑問点をまとめてみました。

妊娠中の葉酸の摂り方

葉酸とはビタミンの一種で、エネルギー代謝や細胞分裂に欠かせないものです。
造血作用もあり貧血を防ぎます。
そのため、お腹の赤ちゃんの成長のために積極的に摂る女性が増えています。

葉酸を摂取する時期

妊娠前から妊娠初期にかけては、通常の2倍の葉酸を摂取することが望ましいとされています。
しかしそこで終わりではなく、その後の授乳期にも必要な栄養ですので妊娠前から授乳期までは意識して葉酸を摂取してください。

その際に注意したいのは、葉酸の過剰摂取です。
葉酸を過剰摂取してしまうと、様々な副作用のリスクがあるといわれています。
「葉酸過敏症」の症状としては発熱、じんましん、呼吸障害、産まれてきた赤ちゃんの喘息などがあげられています。
葉酸の過剰摂取は、一日に葉酸を1000μg以上摂った場合におこる可能性があります。

葉酸を多く含む食事を摂ったとしても、通常であれば一日の上限量を超えることはほぼありません。
なぜなら野菜の葉酸は水と熱に弱いため、調理の段階で半分は失われてしまうからです。
つまり食品からの過剰摂取は、よっぽど大量の葉酸を含む野菜を食べない限り考えられません。
葉酸のサプリメントも多くありますが、過剰摂取にならないように用法容量が定められているので、その用法容量を守っていれば心配ありません。

葉酸を多く含む食品

野菜類では、モロヘイヤ・ブロッコリー・ほうれん草・アスパラガス・オクラ・カボチャなどです。
藻類では、海苔・昆布・ひじきなど。
豆類では、枝豆・大豆・インゲン豆・納豆など。
このような食品をバランスよく食事に取り入れればよいと思います。

葉酸サプリメントは必要か?

上記した食品を摂っていれば、サプリメントを摂取しなくても良いのではないのでしょうか。
葉酸が水溶性のビタミンであることから、調理の際の水や熱で大半は失われてしまいます。
ならば、失われた分を補うだけの量をさらに食べれば、数字上は可能です。
そうなると、大量の食べ物を食べなくてはならず、とても現実的ではありません。

そのため厚生労働省もサプリメントからの葉酸の摂取を推奨しているのです。
つわりの時も、無理なく効率的に葉酸を摂取できます。

まとめ

妊娠前から授乳期まで、葉酸は必要な栄養素です。
葉酸を含む食品を意識して摂り、不足分をサプリメントで補うのがオススメの摂取の仕方です。

自信を持っておすすめ!葉酸サプリ通販ランキング 葉酸サプリメント 美容成分ランキング のみやすい葉酸サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

葉子

こんにちは、葉子です(^^) 現在二児の女の子の子育て中。 妊娠、お産、子育てはすごく大変ですけど、こどもの笑顔を見ているとそんな苦労なんて一瞬で吹き飛ぶほど幸せな気持ちになります。 現在三人目を計画中ですが、楽しんで妊活していきたいです♪