危険!避けるべき添加物は?「妊娠中の添加物」

妊娠するとお腹の赤ちゃんに、しっかりとした栄養を届けたいと思うものです。

栄養バランスを考えたり、より多くの品目を摂取したりと多くの人が努力します。
そうすると今までは気にならなかった「食の安全」が気になるようになります。
特に『食品添加物』は人体に影響を及ぼすものも存在します。

妊娠中に添加物を摂取しても大丈夫なのでしょうか?

また多くの食品に使われている添加物は、どのような種類があり、どれが危険なのでしょうか。
妊娠中に摂取する添加物の影響についてまとめてみました。

妊娠中に摂取する添加物の影響

食品添加物とは、食品を製造する過程や、または加工・保存の目的で使用されます。
保存料・甘味料・着色料・香料などです。
厚生労働省は食品安全委員会の評価を受けて、健康を損なうおそれのない場合に使用の基準や成分の規格を定めて使用を許可しているそうです。

添加物の役割

なぜ食品に添加物を使用するのでしょうか。
1.食品の品質低下を防ぐ。
食品の腐敗や味が悪くなることを防ぎ、保存がきくようにします。食中毒や感染症などを未然に防ぐことができます。(保存料・酸化防止剤・防カビ剤など)
2.食品の見た目や味などを良くし品質を向上させる。
色がきれいなほうが美味しく見えるため着色したりします。キャロット色素などの天然由来の添加物などもあります。(甘味料・着色料・香料など)
3.栄養価を高める。
食品を製造、加工、保存する時に失われてしまった栄養素を補充するために使用されます。(栄養強化剤など)
4.製造や加工に必要。
食品を作るために必要不可欠なもので、にがりや、カン水など昔から使用されているものも多い。(乳化剤・膨張剤・増粘剤など)

添加物の危険性

妊娠中に摂取するとリスクがあるといわれている添加物は数多くあります。
良く目にするものでリスクの疑いがあるとされているものを紹介します。

保存料の一種のソルビン酸・ソルビン酸カリウムは、亜硝酸と一緒に摂取すると発がん性、お腹の赤ちゃんへの影響が出る危険性があると指摘されています。

着色料の赤色106号や赤色2号なども、発がん性やお腹の赤ちゃんの奇形を招く疑いがあるとして、アメリカでは使用は禁止されています。

発色剤の亜硝酸ナトリウムや硝酸カリウムは、妊娠中の女性が摂取するとお腹の赤ちゃんの奇形異常や、染色体を損傷させる疑いがあるとされています。

まとめ

食品添加物は現代において安全に商品を流通するためにも必要なものとなっています。
すべての食品添加物を摂取せず、避けるというのは現実的に難しいです。
またリスクがあるとされる添加物も摂取してすぐに悪影響が出るわけではなく、過剰摂取のボーダーラインもまちまちだったりします。

あまり過敏になりすぎずに、リスクがあるものはストレスにならない程度の努力で避け、なるべく自炊で自然のものを食べるように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

葉子

こんにちは、葉子です(^^)
現在二児の女の子の子育て中。
妊娠、お産、子育てはすごく大変ですけど、こどもの笑顔を見ているとそんな苦労なんて一瞬で吹き飛ぶほど幸せな気持ちになります。
現在三人目を計画中ですが、楽しんで妊活していきたいです♪