「タイミング法」一番自然妊娠に近い不妊治療

04441ec7aa258602ba6ba5a15ba9cdec_s

不妊治療の最初のステップとして、多くのカップルに「タイミング法」が選択されています。

では、タイミング法とはどのような治療なのでしょうか? タイミング法とは医療の手を借りつつ、できるだけ自然に赤ちゃんを授かる方法です。

「不妊治療」と聞くと躊躇してしまうカップルも多いと思いますが、タイミング法がどのように妊娠のタイミングをとるのか? 妊娠の確率は? 治療にかかる費用は?など、タイミング法による不妊治療のよくある疑問点についてまとめてみました。

正確さが重要 タイミング法

不妊治療では、まず最初に基本検査(基礎体温測定・精液検査・内診・経膣超音波検査・子宮頚管粘液検査・フーナーテストなど)をおこないますが、これらの検査で大きな問題が見つからなければ、まずタイミング法を試みることになります。

タイミング法は、医師の手によって正確に排卵日を測定し、妊娠のための子作りをするためのタイミングを指導して妊娠率を高める方法です。排卵日も超音波検査やホルモン検査によって推測しますので、自己流による判断よりもずっと正確ですのでベビ待ちの人にとっても確率の高い方法といえます。

排卵誘発剤(はいらんゆうはつざい)とは?

医師に最も妊娠しやすいタイミングを指導してもらうのが「タイミング法」ですが、卵子の寿命は排卵後24時間ですので、その時間内に受精するようにしなくてはいけません。

ところが、基礎体温を測定して自分でタイミングを測っていると、生理不順など生理周期が不規則な場合にはタイミングがズレて、せっかくの妊娠のタイミングを逃してしまうかもしれません。

そんな時のために排卵誘発剤を使用してタイミングをとることもあります。

排卵誘発剤には内服薬注射がありますが、一般的にどちらも保険が適用されますので高額な費用にはなりません。ただし、病院によって違いますので事前に確認してください。

薬や注射の回数が増えた場合は、当然その分、費用もかかりますし保険適用外になる場合もあるので注意が必要です。

タイミング法の妊娠する確率は?

タイミング法での妊娠確率は、目安として1回で約30%。2〜3回目で約20%。4回目以降だと10%前後になります。5周期で約9割の妊娠成功率となり、通常の自然妊娠と同じ確率となっています。

※ただし、精子と卵子の質やカップルの年齢などにより妊娠する確率は異なります。

タイミング法は5周期以降の成功率が低くなるため、この5周期を目安に妊娠しない場合は次の不妊治療で「人工授精」に移行することが多いようです。

普段から妊娠しやすい体作りを心がけると良いと思います。

妊活の成功率UP!の秘訣は妊娠しやすい子宮環境作り

費用も体への負担も意外と軽い?「人工授精」とは

タイミング法のメリットは?

それではタイミング法のメリットを紹介します。タイミング法は、不妊治療の中でも一番自然妊娠に近いとされます。ですからメリットとしては、カラダと費用の負担が少ないという点です。

正常に排卵されていれば、超音波検査やホルモン検査などで排卵日を特定できますので、手術などを行わないのでカラダへの負担は少ないですし、また、保険が適用されるので費用も治療の多くに保険が適用されるので、他の不妊治療に比べて費用の負担も少ないのです。

検査や使用する薬によって掛かる費用には個人差がありますが、2千円〜2万円ほどになります。

タイミング法のデメリットは?

次はタイミング法のデメリットをご紹介ます。タイミング法は妊娠するまで数回にわたって治療を続けます。そのため、デメリットとしては時間がかかるということです。

妊娠しない場合に人工授精などに移行しますが、それまでに半年〜1年ほどかかってしまいます。つまり、カップルが高齢の場合、治療に時間がかかるとそれだけ妊娠成功率が低下することも考えられるのです。

さらに、男性にとってタイミング法がストレスになる場合も見られます。排卵日に性交渉を持つことが義務のように感じられて、気分が萎縮してしまったり、または女性からのプレッシャーにより不妊治療そのものが嫌になってしまうことがあるようです。

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

妊活に女性が張り切れば張り切るほど、男性の気持ちが離れていってしまうのです。そう考えるとタイミング法はハードルが高い方法だとも言えます。

まとめ

タイミング法は医療の力を借りますが、あくまで自然妊娠と同じくカップルの性交渉によって妊娠を目指す方法で、カラダの負担と費用の負担が少ないのがメリットです。

また、治療に時間がかかることと、カップル間の意識の差が出やすいのがデメリットです。

不妊治療は女性だけ男性だけの問題ではないのですから、カップルがお互い協力して一番ベストな選択をするのが重要だといえます。

費用も体への負担も意外と軽い?「人工授精」とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です