むくみや冷えを解消して妊娠力を高める「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」

妊活に漢方薬を取り入れることは、以前よりもポピュラーになってきました。
漢方薬により妊娠しやすい体へ改善し、自然妊娠をのぞむカップルは多くみられます。
妊娠力を高めるために漢方薬を服用します。

クリニックとは違ったアプローチで不妊を克服する漢方薬。
当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)も、ホルモンバランスを整える効果などがあり女性の不妊症に良く用いられます。
いったいどのような効果があるのでしょうか。
当帰芍薬散の成分や作用、服用が向いている方の体質などについてまとめてみました。

漢方薬

漢方薬とは、中国で発達し日本独自の発展をしてきた伝統医学のことです。
体全体の調和を重視し、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。
女性は妊娠しやすい体に、男性も精子の状態が改善するように体全体を整え、原因が分からない不妊にも対処します。
漢方薬は妊活のための体質改善に最適です。
一人一人の体質にあった漢方薬を処方しますので、服用が向いている方と、服用を避けたほうが良い体質の方がいます。
専門店の薬剤師に相談の上で服用されてください。

成分

当帰芍薬散の主薬は「当帰」と「芍薬」です。
その他には、川きゅう、蒼朮か白朮、沢瀉、茯苓が配合されています。

作用

当帰芍薬散はホルモンバランスを整え、貧血を改善します。
当帰と川きゅうには、血の巡りを良くし血行をサポート、貧血を改善して体をあたためる作用があります。
芍薬には、生理痛や肩こりの痛みをやわらげます。
蒼朮・沢瀉・茯苓には、利尿作用がありむくみを改善します。

当帰芍薬散は、むくみ、貧血、冷え症、生理痛、疲労感などの症状に有効ですので、女性に用いることが多い漢方薬です。
体を温め血行を促進し、血液の量を増やすといった効果のため、酸素や栄養が子宮や卵巣にもきちんと送り届けられるようになります。
子宮や卵巣にパワーがつくので、排卵の促進、血行の改善、子宮への作用も期待できます。

当帰芍薬散の使用が向いていない体質の方は、体力旺盛・胃腸虚弱・食欲不振などの症状の方です。
このような方が使用すると、悪化してしまうことがありますので服用は専門の薬剤師に相談してください。

まとめ

当帰芍薬散は、体をあたため血行をよくし、ホルモンバランスを整える効果があります。
むくみや、冷え、貧血などの不妊の要因になるこれらの諸症状を解消することで、妊娠しやすい体に改善します。
妊娠力をあげる漢方薬は妊活に適しているのでオススメです。

※漢方薬は一人一人の体質に合わせての服用が大切です。服用の際には専門の薬剤師に必ず相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です