水素水 水素含有量ランキング

水素水 水素含有量ランキング

水素水は、エイジングケアなどの美容への効果が期待されるとして注目されています。
老化の原因の体をさび付かせる「活性酸素」を取り除く効果があると考えられ、最近ではネット以外にもコンビニやドラグストアなどでも手軽に入手できるようになってきました。
水素水は正式には「水素豊富水」といい、一定異常の水素が含まれた水のことを指します。
水素は、分子の中で最も軽くて小さいという特徴があります。
何でも通り抜けてしまうため、すぐに容器の中から出てしまいます。
そのため水素水といっておきながら、飲む時には水素が抜けて水素含有量が低いものも存在します。
確かな効果を得るためにも水素含有量の高い水素水をランキング形式でお勧めします。

5cdbe796031a4345bb0c8ef1ba364697_s

1位 アキュエラ水素水

最大水素含有量

7.0ppm

作成方法耐圧ペットボトルに発生キットを使用し作成
通常価格/初回 9800円(送料540円)/6800円(送料無料)

飲む時に作り、その場で飲むから高濃度

「アキュエラ」は自分で作るので、保管している間に水素が抜けるということがありません。
作り方も簡単。
耐圧のペットボトルに水素発生剤を入れた水素発生キットをセットして、高濃度の水素水を作成するだけ。
最短で10分、より高濃度にするなら24時間という時間がかかりますが7.0ppmという高濃度の水素水を作れるのが魅力です。
浄水だけでなく、お茶やスポーツドリンクなどのお好きな飲料で水素水を作成できるので、飽きることなく続けられます。
500ml/約214円(定期購入コースの場合)
高濃度の水素水を飲みたい人にお勧めです。

2位 7WATER

最大水素含有量

7.0ppm

作成方法ペットボトルに発生剤を入れて作成
通常価格/定期便コース6900円(送料600円)/5400円(送料無料)

高濃度でコストパフォーマンスがよい水素水

「7WATER」は最大水素含有量が7.0ppmと高濃度。
さらに500mlあたり約187円とコストも◎
作成方法も、発生剤をペットボトルの水に入れるだけで簡単。
ここまでだと1位の「アキュエラ」よりもこちらの方が上位。
ただ「7WATER」は、水素が発生するまでの時間がネック。
発生剤を入れて12時間で5.0ppm、7.0ppmの高濃度のためには24時間ほど必要になります(アキュエラは最短で約10分)
水素水ができるまでは常温に放置しておかないといけません。
この時間がかかるという点で2位にランキングしました。
時間がかかっても良いので、できるだけ安い値段がよいという方にはおすすめの水素水です。

まとめ

水素水を選ぶポイントの一つ「水素濃度」
高濃度のものを選ぶのがおすすめです。
そのまま飲むタイプが良いのか、時間がかかってもより高濃度の水素水が良いのか迷ってしまいますね。
高濃度の水素水の中でも、ご自分のライフスタイルにあったものを選ぶことが大切です。
水素水の特徴も様々ですので、このランキングが参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です