妊娠前からの葉酸摂取が重要「神経管閉鎖障害」

厚生労働省は、妊娠をのぞむ女性に積極的な葉酸の摂取を推奨しています。
それは賞賛を摂取することで、神経管閉鎖障害を防ぐことができるからです。

神経管閉鎖障害は1万人の産まれた赤ちゃんのうち6人にみられる先天異常です。
近年、お腹の赤ちゃんの脊髄神経ができる時期に葉酸を適切に摂取することで予防できることが分かってきました。

神経管閉鎖障害とはどのような症状で、なぜ起きるのでしょうか。
症状とその原因、葉酸の重要性についてまとめてみました。

神経管閉鎖障害と葉酸

背骨の中にある脊髄神経は、妊娠6週目頃に完成します。
この時期に葉酸が不足すると、背骨がきちんと作られずに背中に瘤ができてしまいます。
妊娠6週目頃というのは妊娠が判明するごく初期の頃なので、妊娠が判明した時に葉酸を摂取しても遅い場合が多く見られます。
神経管閉鎖障害の予防には、妊娠前からの葉酸の摂取が重要です。

神経管閉鎖障害の症状

神経管閉鎖障害は、神経管を形成する段階で異常が起こり脳や脊椎が正常にくっついていない状態のことです。
神経障害の症状としては、下肢の運動障害や排泄障害、脳の形成が不十分な場合は流産や死産の危険性が高まります。
神経管閉鎖障害によって、無脳症や口蓋裂、二分脊椎などの障害を起こします。

口蓋裂

神経管閉鎖障害の中の一つ「口蓋裂」は、お腹の中での成長に問題が発生し口蓋が裂けて口腔と鼻腔がつながってしまうものです。
その他にも、唇が割れた口唇裂・顎の骨が裂けている顎裂などがあります。
これらは日本の産まれる赤ちゃん500人に1人に発生する、日本人に多い先天異常です。
ミルクを飲みにくかったり咀嚼しにくかったり、言葉を発音しにくいなどの障害がみられるため、出産直後から長期間において小児科・口腔外科・形成外科・言語治療科などのトータルケアが必要になってきます。

神経管閉鎖障害を予防する葉酸

神経管閉鎖障害は、お腹の赤ちゃんの葉酸不足が原因のひとつでおこると言われています。
葉酸はお腹の赤ちゃんの細胞分裂や成長に必要不可欠な栄養素です。
妊娠6週目は脊髄神経が完成する大切な時期ですので、この時期に葉酸不足を起こさないように妊娠を希望している女性は妊娠が判明する前から葉酸を摂取するべきなのです。

葉酸を多く含む食品としては、ほうれん草・ブロッコリー・枝豆・オクラ・イチゴ・カボチャなどです。
ただし、葉酸は水溶性のビタミンですので水と熱には弱く調理の段階で半分は失われてしまいます。
葉酸の一日の必要な摂取量は400μgですが、毎日の食事だけで摂取するのは現実的に厳しいと言えます。
そのため吸収率の良い葉酸サプリメントを使い上手に葉酸を摂取するのがオススメの方法です。
厚生労働省もサプリメントからの葉酸の摂取を推奨しています。

まとめ

神経管閉鎖障害は先天異常の一つで、下半身の運動症障害や排泄障害などがおき、出生後から小児科や脳神経外科などのおおくのトータルケアが必要になります。
神経管閉鎖障害が起きる原因の一つが、妊娠初期の葉酸不足ということが分かってきました。
神経管閉鎖障害を防ぐには脊髄神経の完成する妊娠初期に十分な葉酸を摂取することです。
葉酸の摂取には吸収率の良い葉酸をサプリメントを取り入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

葉子

こんにちは、葉子です(^^)
現在二児の女の子の子育て中。
妊娠、お産、子育てはすごく大変ですけど、こどもの笑顔を見ているとそんな苦労なんて一瞬で吹き飛ぶほど幸せな気持ちになります。
現在三人目を計画中ですが、楽しんで妊活していきたいです♪