産後の情緒不安定。これってマタニティブルー?

多くの女性におこるマタニティブルー

長女を出産した後に、情緒が不安定になりました。
なにもないのに涙が出てきたり、なにもしたくなくてふさぎこんだりしてしまったのです。
3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s
出産直後は、初めての出産と育児で分からないことが多くて不安だったし、3時間毎の授乳で体力的にも辛かったです。
寝不足の状態が続きましたが赤ちゃんのお世話はしないといけないので、なんとか頑張っていました。
でも感情の起伏が激しすぎて、自分でも不安になるほどでした。

無理をしないことが大切

今思えば自分1人で頑張らずに、早めに助けを求めるべきでした。
「もう母親になったんだから」「ちゃんと育児をしないと」「できて当然」というプレッシャーを感じ、誰にも相談せずにいたのです。
そんな時、様子を見に来た私の母が、疲れている私を見て「ちゃんと休みなさい」と言ってくれました。
そのころの長女は抱っこをしていないと眠ってくれなかったので、私が寝室で寝ている間、ずっと母が長女を抱っこしていてくれたのです。
久しぶりにぐっすり眠れてスッキリした私に、母が「子育ては、これからずっと何年も続くんだから1人で全部やらなくても良いのよ」と言ってくれました。
その言葉で、今まで抱えていた重い気持ちがぱっと晴れたような気がしたのです。

みんなで育てる

産後はホルモンバランスの関係で、感情のコントロールが難しくなったりするそうです。
その上、私が感じたようなプレッシャーや育児の疲れが加わりマタニティブルーになる女性は多くいると聞きました。
子供は母親1人が育てるのではなく、まわりにいる人みんなで育てるのが理想だと思います。
母親1人で抱え込んでいても、良い影響はないと思いました。
私も早めに周囲の人に助けを求めていれば、あんなに苦しいこともなかったんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です