本当に危険なの?「高齢出産のリスク」とは

近年では、出産する5人に1人といわれるほど増加している高齢出産。年齢を重ねるごとに、「出産のリスクが増す」と言われていますが、本当でしょうか。また、どのようなリスクがあるのでしょうか。

リスクを心配するだけではなく、どういったものがあるのか理解し対策を考えるべきです。高齢出産にともなう様々なリスクを学び、正しい知識を持ってライフプランをたてる参考にしていただきたいと思います。

高齢出産にともなうリスク

高齢出産とは、女性が35歳以上で出産する場合をいいます。
以前は30歳以上を高齢出産としていましたが、初産婦の年齢が上がってきたことや、WHOでも同じ定義がなされていたことで35歳に引き上げられました。

高齢出産が35歳という定義のため、35歳を妊娠のタイムリミットと思い込む人もいるようです。

確かに年齢を重ねれば、出産のリスクは増します。ですが、妊娠・出産には年齢に関係なく、リスクやトラブルはつきものです。

あくまでも個人差はありますし、高齢出産のすべてが危険であるというわけではありません。どのようなリスクがあるのか、そのリスクを理解し向き合うことが重要だと思います。

それでは高齢出産のリスクを一つ一つ紹介しましょう。

妊娠高血圧症候群

この妊娠高血圧症候群は、以前「妊娠中毒症」と呼ばれていたものです。症状としては、蛋白尿、むくみ、高血圧などです。

この症状のどれか一つでも出た場合に、妊娠高血圧症候群と診断されます。

妊娠中は体が大きく変化するので、どの世代にもおこる症候群ではありますが、高齢出産の高血圧は20代の妊婦と比較すると1.8倍という報告がされています。

年齢によって内臓能力が低下していることが原因の一つと考えられます。

しかし、定期的な妊婦検診を受け、体調管理や食事指導などをしっかり守っていれば妊娠高血圧症候群を防ぐことができます

流産

自然流産の確率は、すべての出産の10〜15%です。これに対し高齢出産では、約20%といわれています。

流産は、卵子の老化や先天異常などが原因だと考えられています。しかし、流産を完全に防ぐ方法は、残念ながらありません。

命を授かるということは幸福なことですが、それだけではなく、とてもシビアな面を持っているということです。

先天異常

先天異常とは、産まれる前の段階で生じる赤ちゃんの体の異常のことをさします。出生時もしくは、1歳までの間に異常が明らかになるケースがほとんどです。

35歳以上になると、先天異常の発症率は高くなります。しかし、流産の確率にもいえることですが、どの世代でも起こりうることなのです。

高齢出産だけが先天異常をおこすわけではありません

まとめ

以上のことから、高齢出産には確かに様々なリスクが存在します。

しかし、それらのリスクは出産自体にもともと伴うリスクであり、若い世代だから大丈夫だということではありません。

どのようなリスクがあり、どのような対策や選択をするかをしっかりと決めることが大切だと思います。

おすすめの記事

 妊活の成功率UP!には、妊娠しやすい子宮環境作り!
 卵子を若返らせる『ミトコア300mg』の驚きの効果とは!?
 デメリットだけじゃない!メリットだってある「高齢出産」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

葉子

こんにちは、葉子です(^^) 現在二児の女の子の子育て中。 妊娠、お産、子育てはすごく大変ですけど、こどもの笑顔を見ているとそんな苦労なんて一瞬で吹き飛ぶほど幸せな気持ちになります。 現在三人目を計画中ですが、楽しんで妊活していきたいです♪