卵巣の機能を高める「紫河車(プラセンタ)」

アンチエイジング効果があることでサプリメントや化粧品に使われることが多い『プラセンタ』
このプラセンタの漢方薬名が『紫河車』です。

紫河車は体をあたため血液を補い、卵巣や女性の生殖器の発育を促進するするため美容だけでなく不妊治療にも用いられる漢方薬です。
紫河車は主に豚の胎盤を使ったプラセンタエキスを利用して作られています。
これは『同物同治(どうぶつどうち)』という調子の悪い場所と同じものを食べることで体の不調を治す中国の薬膳の考え方です。

紫河車は自然なホルモン補充療法として使用され、ホルモンバランスを整え、妊娠の確率を上げるなどの不妊治療に適した効果があります。
紫河車の成分や効果についてまとめてみました。

漢方薬

漢方薬とは、中国で発達し日本独自の発展をしてきた伝統医学のことです。
体全体の調和を重視し、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。
女性は妊娠しやすい体に、男性も精子の状態が改善するように体全体を整え、原因が分からない不妊にも対処します。
漢方薬は妊活のための体質改善に最適です。
一人一人の体質にあった漢方薬を処方しますので、服用が向いている方と、服用を避けたほうが良い体質の方がいます。
専門店の薬剤師に相談の上で服用されてください。

成分

紫河車(プルセンタ)は哺乳動物の胎盤です。
胎盤は母体と胎児をつなぎ、酸素・血液・栄養を送り届け、ホルモンを分泌する大切な器官です。
卵巣ホルモン・黄体ホルモン、アセチルグルコサミン、多種のアミノ酸を含んでいて、女性の生殖器官の発育をサポートします。

作用

紫河車には、多くの効果があります。
滋養強壮効果と体の血を増やす造血効果、体をあたためる効果によって、不妊症に用いられる漢方薬です。
造血効果により体の血行が良くなり、子宮や卵巣に十分な栄養が送り届けれるようになります。
また冷えた子宮では着床率が悪いとも言われるため、体をあたためることによってより着床しやすい子宮に改善します。

イスから立った時にお尻を触って冷たい場合は、子宮が冷えている可能性があります。
子宮は赤ちゃんのベットですから、本来あたたかくなければならない場所なのです。
子宮をあたためると同時に、ホルモンバランスと生殖器の働きを良くする効果もあります。
卵巣の機能が高まり、より妊娠の確率が上がると言われています。

紫河車は、足腰がだるい・元気がない・不妊・慢性的な咳の方に有効です。
体質的に暑がり・のぼせやすい方や、薬の服用で基礎体温が上がっている方の服用については注意が必要です。

まとめ

紫河車は不妊効果がある漢方薬とされています。
体をあたため、血を補い、アンチエイジングの効果もあります。
ホルモンバランスを整え、卵巣の機能を高めて妊娠する確率を上げると言われています。

※漢方薬は一人一人の体質に合わせての服用が大切です。服用の際には専門の薬剤師に必ず相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です