切迫早産ってなに?

ea56f8b48b8e7cdd0f160e2df61e3a5a_s

今まで順調に進んでいたのに妊娠後期になって先生に「切迫早産」だと言われた、という人もいるかもしれません。早産なんて聞くとびっくりして「赤ちゃん大丈夫なの?」と動揺してしまいますが、切迫早産とはいったいどういう状態なのでしょうか。

切迫早産とは

早産と切迫早産

早産とは妊娠22週~妊娠37週未満の出産のことです。赤ちゃんが小さく生まれるほど障害が出る可能性が高くなります。また、妊娠22週未満の出産は流産といい、早産とは区別されます。

切迫早産とは早産の手前の状態で、早産しかかっている状態。自覚症状としてはお腹のハリ腹痛不正出血破水などがあります。

原因としては子宮頸管無力症などの子宮の問題、絨毛膜羊膜炎などの感染症、精神的ストレスや肉体的負担などが考えられます。その他にも喫煙や多胎妊娠なども原因となります。

切迫早産の治療

検診で発覚する場合が多いのですが、自覚症状がある場合は必ず医師に相談してください。次の検診までとゆっくり構えていると危険な場合があります。

治療としては感染症の場合は抗生剤を使います。また、子宮の収縮を抑えるためには子宮収縮抑制剤が使われます。あまり深刻でない場合は通院での治療で大丈夫ですが、子宮口が開いている場合には入院して点滴などでの治療となります。入院期間は症状によって様々ですが、危険な状態が収まれば退院し外来通院にもどります。

安静に過ごす

切迫早産と診断されると安静に過ごすように指示があります。

外出はせずに基本はお部屋でゆっくり過ごしましょう。歩くこともお腹に負担となります。
家事もできるだけやめてください。立ちっぱなしやかがむ姿勢などは大敵です。
仕事をしている場合は診断書をもらって休職しましょう。デスクワークでも人間関係や仕事自体がストレスとなってしまいます。
性生活もやめてください。パートナーにも危険を認識してもらいましょう。
トイレに長時間こもるのも避けましょう。冷えやすい場所でお腹を長時間だすのは危険です。また、便秘の際は力みが負担となるので医師に相談しましょう。

最後に

すでに上のお子さんがいる場合、家事や育児でなかなか安静に過ごすことは難しいかもしれません。パートナーのサポートはもちろん、両親の手伝いや家事代行サービスを利用するなど工夫して負担をへらしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です