完全母乳の良いところ・困ること

7f2f5ffc2b3660135f15807b933a2203_s

完全母乳の悩み

「完全母乳なら、哺乳瓶も粉ミルクも持ち歩かなくて済むから楽でしょ?」と、他のミルクで育てているママさんに良くいわれたことがあります。
母乳だけで育てるのを『完全母乳』略して『完母』。
粉ミルクだけで育てるのを『完全粉ミルク』略して『完ミ』と言ったりします。
私は、愛情を持って育てていれば関係ないと思っているので、あまりこの言い方(区別の仕方)が好きではないのですが。
完ミのママさんにとっては、完母で育てたかったという方も多く、いろいろ思うところがあるようです。
ですが、私にしてみれば完母も長所と短所があると思います。

完全母乳で良かったこと

完全母乳で良かったと思うことは、より密接なスキンシップがとれることだと思います。
お金もかかりません。
粉ミルクを買い置きしておかなくても大丈夫。
授乳はお湯の準備などをしなくていいので、手間も費用も粉ミルクより軽くて済みました。
特に夜の授乳は起きて調乳しなくてもよいので、体力的にも楽でした。
赤ちゃんがお腹がすいたら、すぐに授乳できるというのもメリットだと思います。

完全母乳で大変だったこと

完全母乳は、母親にしか授乳できない、他の人に代われないということが大変です。
一番困ったのが、私が風邪を引いたとき。
授乳中だと医師にいうと「薬を飲んでいる間は、粉ミルクにしてください」って言われました。
哺乳瓶も粉ミルクも家にはなかったし、うちは哺乳瓶を嫌がって飲まないので母乳であげないとダメなんですと相談したら「だったら、うちで出せる薬はないです」と言われてしまいました。
しかたなく、そのまま帰宅しましたが、授乳の時間があるのでゆっくり寝ていることも出来ずに辛かったです。
あの時、哺乳瓶でも飲んでくれるんだったら、体調も早く良くなったのになあと思います。
四六時中一緒なので、たまには一人になりたいのですが、授乳の時間があるので、それもままならなかったです。
あとは、外出した時に授乳室がないと困ってしまいます。
ストールなどで隠して授乳しても良いのですが、まわりがうるさいと集中して飲んでくれずに、しばらくするとまたお腹がすいてぐずったりすることがありました。

完母でも完ミでも

私は完全母乳で「粉ミルクを飲んでくれたらなー」って思ったことが何度もありました。
完母でも完ミでも、それぞれの良さがありデメリットもあります。
育児では「これが絶対!」というのはないような気がします。
強いて言うならば、どれが自分と赤ちゃんに一番合っているか、どの方法がストレスが少なく笑顔で過ごせるかが大事なんではないでしょうか。
あと、他の人と比べたりしすぎるのは、自分も疲れるので程々にしたほうが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です