【体験談】妊娠したいという気持ちがふと緩んだ時に意外と赤ちゃんがやって来てくれる

妊活中のメンタル

私は結婚してすぐに子供が欲しいと思っていましたが、結局妊娠するまでに2年かかりました。
自分より後に結婚した友達が先に妊娠して、自分のところにはもう赤ちゃんは来てくれないのだと悲しくなったときもあります。
また職場や両親などからのプレッシャーもありました。
3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s
そして毎月、生理が近づくとインターネットで妊娠初期症状を調べては同じような症状があれば妊娠した気分になって、結局生理が来てしまってがっかりするという繰り返しでもありました。

思わぬ妊娠

それまでは専業主婦をしていたのですが、ある時、主人の転勤が決まり、引っ越しや新しい生活の準備に追われてすごく忙しい時期がありました。
新しい土地で友達がいない中、子供がいたらそれをきっかけに友達ができたり、気がまぎれたりするのにと思っていたのです。
ですが、とにかくバタバタと忙しく、妊娠も新しい土地に行ってから、また改めて考え直そうと思うようになりました。
そして生理予定日ごろにわずかな出血があったので、また生理が来たと思って不思議とその時は何も気にしませんでした。
しかし、しばらくしても生理のような出血がなかったので、妊娠検査薬で調べてみたところ陽性でした。

赤ちゃんが欲しいという気持ちは変わらず持っていたけど、強すぎる気持ちがふっと抜けたときに意外と赤ちゃんはやって来てくれるものです。
赤ちゃんは欲しいと思ってできるものではなく、授かりものです。
夫婦が仲良く穏やかに過ごしていれば、赤ちゃんはそれを見てきっと来てくれるはずです。

愛媛県 30代女性 Mさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です