妊娠しやすい体を作る「妊活中の運動」

運動不足は、万病の元。
適度な運動して健康な体になり、赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

体の調子を整えると、自然と生理周期も整ってくるので妊娠しやすくなると言えます。

妊活中にベストな運動とは?
妊娠しやすい体を作るための運動とは、どのようなものが良いのでしょうか。

運動の必要性

私たち人間には、適度な運動が必要です。
運動不足が続くと、高血圧症や肥満、糖尿病などの生活習慣病を招いてしまいます。

生命を維持するためには、内分泌系・神経系・免疫系の3つが連携し、体中の細胞を統括する必要があります。
日々の運動で適度に刺激を与えると、このネットワークを活性化することができます。
ネットワークが活性化すれば、ホルモン分泌や免疫の機能などが安定することができます。

妊娠は子宮や卵巣、卵子といったものだけでできるわけではありません。
体全体が正常に働いていることが理想ですので、適度な運動により体全体の調子を整えることは非常に重要になってきます。

女性に必要な軽い運動。

女性の卵巣は、様々な影響を受け機能が低下してしまうことがあります。
運動不足、寝不足、栄養バランスの偏り、ストレスなど、卵巣の機能を低下させてしまう原因は日常生活にあふれています。
特にデスクワークや家事で同じ姿勢を取り続けているといると、血行が悪くなり筋肉が固くなるため、体にストレスが蓄積されてしまいます。

運動不足により血行が悪くなると、冷え症になってしまいます。
冷えは妊娠を望む女性にとって大敵です。
冷え症の体は血の巡りが悪く老廃物がたまってしまいますので、リフレッシュもかねて軽い運動を毎日の生活に取り入れると良いともいます。

運動の量と続け方。

体を鍛えることが目的ではなく、あくまで妊娠のための体作りとして運動をする場合には、注意が必要です。

激しい運動は避ける。
運動が激しすぎると酸素を多く消費してしまい、その結果、活性酸素を多く生み出してしまうことがあります。
活性酸素は老化の原因とされていますので、激しい運動で老化を早めてしまう可能性もあります。

女性は激しい運動により、生理周期が乱れたり、生理が止まったり、排卵が起きなかったりということもありえます。
激しすぎる運動(マラソンなどの耐久レースや、過剰なジョギングなど)は、妊娠する力が低下してしまう恐れがあるので、適度な運動を心がけましょう。

まとめ

体のサイクルを整えたり、血行を良くして冷えを取るためにも適度な運動は効果的です。ただし、運動をしなくてはいけないと思い込むとストレスを感じてしまい逆効果です。

ストレッチやウォーキングなどの運動を、心身ともに無理のない程度することが大切です。

また、運動するだけでなく他のことを組み合わせることで妊娠の確率は格段にあがります。葉酸はもちろんですが、卵子の質を上げるためのサプリや子宮の環境を整えるサプリなども積極的に摂取するようにしましょう。

妊活の成功率UP!には、妊娠しやすい子宮環境作り!卵子を若返らせる『ミトコア300mg』の驚きの効果とは!?自信を持っておすすめ!葉酸サプリ通販ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です