まるで写真集みたいなフォトブック! 高品質でオススメ『MYBOOK』(マイブック)で実際にフォトブックを作ってみました。作り方と感想

大量の写真データ、みなさんはどうしていますか?

・パソコンで保存
・外付けハードディスクに保存
・CDやDVDに保存
・SDカードごと保存
・お気に入りの写真だけプリントしてアルバムやフォトフレームに

だいたい、こんな感じでしょうか?
子供がいると、写真の量もスゴいことになりますね。
運動会などの学校の行事、習い事の発表会、お出かけや、なにげない日常まで。

我が家も、以前までは定期的に写真屋さんに行ってプリントして、アルバムに整頓していました。
データが消えたりすることも考えたら、これが一番いいとは思います。

でも、めんどくさい
少し前までは、地元の両親(おじいちゃんおばあちゃん)が孫の写真を送ってほしいというので頑張ってプリントしていました。
その両親がスマホに変え、写真を送るのが楽になったので、まったくプリントしないようになってしまいました。

 

このままでは、思い出の写真がもったいない。
きれいに残したい。
でも、面倒なのはイヤ。

そんなワガママに良い方法がありました。
フォトブックを作りましょう!

「フォトッブック?」
「その方が面倒じゃない?」
「値段も高そう」

そんな声が聞こえます。
私もそう思っていました。

でもママ友が『MYBOOK』(マイブック)というところで、子供のアルバムを作っていたんです。
とても立派な作りで、本屋さんで売っている写真集そのもの。
自分で作れるという話を聞いてビックリしました。
てっきり写真屋さんに作ってもらったのかと思ったので。

そこで、そのママに質問をしてみました。
「面倒じゃない?」
「編集ソフトを使ってカンタンに編集できるよ。
台紙やイラストもたくさん選べるし、自分で選ばなくても最初から決まったテンプレートがあるから、写真を選ぶだけでも大丈夫」

「高いでしょ?」
「『MYBOOK』は種類やサイズがたくさんあるから、予算に合わせていろいろ選べるよ。
思いっきりゴージャスに分厚いフォトブックを作ることもできるし、手のひらサイズの「MINI」なら900円でかわいいフォトブックを作れるよ」

良いじゃないですか!
色々なタイプを選べて、このクオリティでこの値段なら、アリですね。

実は、だいぶ前に他のフォトブックサービスを利用したことがありました。
格安だったのですが、やはりそれなりの仕上がりだったのです。
その時に「これなら家のプリンターで印刷すればいいや」と思って、2冊目の注文はしませんでした。
結局、プリンターで印刷するのも面倒で写真のデータはたまっていくんですけど(汗)

『MYBOOK』でフォトブックを実際に作ってみました

子供の写真データがたまっているので、お気に入りの写真で1冊のフォトブックを作成してみました。
結論から言うと、ちょこちょこプリントするよりも、フォトブックにまとめてしまう方がきれいだし、仕上がりもゴージャスでとっても楽でした。

つくるのは簡単3ステップ。
①写真のデータを用意する
②『MYBOOK』のサイトから編集ソフトをダウンロードする
③編集して注文する
思ったよりもずっと簡単でした。
実際にフォトブックをつくってみて気がついた点や感想などを詳しくまとめてみました。

①パソコンに写真を保存
フォトブック作成の前に、使いたい写真をフォルダにまとめていると編集がぐっと楽になります。

②サイトにアクセス
まず『MYBOOK』のサイトにアクセスします。
『MYBOOK』のサイト

「フォトブックを試しに作る!」のボタンがあるので、それを押します。
注文ボタンを押し、注文手続きが終わるまで料金は発生しないので安心して試せます。

 

③編集ソフトをダウンロード

パソコンに専用の編集ソフトをダウンロードします。
できるかどうか不安でしたが、画面の指示に従っていくとカンタンにダウンロードできました。

④編集
編集ソフトを使ってフォトブックを編集していきます。
※使用したのはMac版の編集ソフトです。

 

編集ソフトを開くと、上のような画面が出てきます。

「新規作成」:自分で写真を配置し、台紙やイラストを選べます。
レイアウトなどを全部自分で決めたい方にオススメです。
テンプレートも用意されているのでシーンごとに選ぶこともできます。

「テンプレートで作成」:テーマごとに色々なテンプレートがあります。
テンプレートを選択した後は、写真や文字を指定の場所に入れていけばOKです。
時間がない方や、カンタンにフォトブックを作りたい方にオススメです。
ページ数が固定されているので、枚数を増やしたりはできません。

「ブックファイルを開く」:編集中に保存したフォトブックのデータを開きます。
編集中は何度もやり直したりしますので、こまめに保存すると良いと思います。

テンプレートを使いつつ、自分で台紙を選んでレイアウトもしたかったので、「新規作成」でフォトブックを作ってみることにしました。
「新規作成」のボタンを押し、ハードカバーかソフトカバーか選択します。
フォトブックのサイズと仕上がりや枚数なども最初に選択します。

表紙にオススメなのは「ハードカバー」です。
光沢のあるラミネート加工で水ぬれにも強く、ツヤがあってしっかりした作りでゴージャスな印象です。

サイズも豊富で、ハードカバータイプには大型サイズから手のひらサイズまで11種類あります。
形もスクエア・縦長・横長とあるので自分の好みで選ぶことができます。

紙の加工も「ニス加工」(紙の質感を感じられて写真の色合いをより引き立ててくれる)「ラミネート加工」(光沢感のある加工。耐久性が高い)「ラミネート加工つや消し」(高級感のあるマット仕上げ)から選べます。

今回は「ハードカバー」「210S」(216×216㎜)「ニス仕上げ」「100ページ」で注文してみました。
この時点で金額は14000円です。

高いと思われると思いますが、今回のフォトブックに使用した写真は439カット
クーポンやキャンペーンなどもあり、結果的には写真をプリントするよりもずっと安く簡単にフォトブックをつくれました。
次項の”『MYBOOK』の価格について”で詳しく解説しますが、かかる手間や費用を考えてもフォトブックを利用した方がグッと簡単でお得でした。

「デザイン台紙」からテンプレートを選ぶと、台紙や飾りがすでに完成しているページが開きます。
サンプル画像の場所に入れたい写真を選んで入れ替えていきます。
サンプル画像が入っているので、イメージがわきやすいです。

「文字を変更」とある場所をダブルクリックして、好きな文字を入れます。
台紙や飾りなどがすでにあるので、編集がスゴく楽でした。

台紙やイラストを選んで、自分で自由にレイアウトを決めることもできます。
旅行の写真は同じ台紙を使うと統一感が出て、とても見やすかったです。


思い出の詰まった写真をアルバムに入れるだけだと、ちょっと味気ないですよね。
かといってスクラップブッキングのように飾ったりするのは、時間も手間もお金もかかります。
特に台紙やペーパーなどの消耗品は、気に入ったものを探すのも大変ですし、中途半端だとかえってちゃちくなってしまうのがネックです。

パソコンでサクサクと編集作業ができるので、あっという間に完成しました。
台紙を替えると雰囲気ががらりと変わるので、何種類も台紙があるのが嬉しかったです。

⑤注文
編集が終わったら、画面右下の注文ボタンを押します。

初めて利用する場合「ユーザー登録」が必要です。
こういう登録は面倒ですが、メールアドレスやパスワードなどを決めると思ったよりも早く済みました。

注文を完了するために7つのステップがあります。

ステップ1:注文ブック選択
ここでブックタイプや表紙の種類、価格、注文冊数などを確認したり入力したりします。

ステップ2:オプション選択
プレゼント包装などのオプションを選ぶことができます。

ステップ3:住所入力

ステップ4:支払い方法
代金引き換え、カード決済、コンビニ支払いの3つから選べます。

支払い方法手数料備考
代金引き換え350円商品到着時に支払い
カード決済0円・VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners が決済可能
・支払い回数は1回払いのみ
コンビニ支払い100円入金確認後に商品を発送

ステップ5:注文確認
最終的な注文内容を確認します。

ステップ6:通信
フォトブックのデータを通信して送ります。
枚数が多かったり、データが大きいと少し時間がかかります。

ステップ7:完了
これで注文は終了です。

納期は、注文確定日の翌日から約10日程度で出荷ということです。
マイブックのサイトに『出荷予定カレンダー』がありますので、詳しくはそちらで確認ができます。

今回はたまった数年分の子供や家族の写真でフォトアルバムをつくりました。
何度も写真をプリントしたり、台紙や飾りを買ったり、レイアウトであーでもないこーでもないと悩んだりする時間や費用がかからないのがとても魅力でした。

『MYBOOK』(マイブック)の価格について

フォトブックをつくる時の問題は「面倒」「高い」という点ですね。
「面倒」だという点は、『MYBOOK』はクリアーしていると思います。
前項の”『MYBOOK』でフォトブックを実際に作ってみました”を読んでいただければ分かりますが、パソコンがあれば編集から注文まですべての作業が終わります。

写真のプリントや材料の買い物にも行かずに済むので、自宅からでかけなくても大丈夫です。
妊娠中や子供が小さい時は、出かけるのが大変だし作業の時間もなかなかないですよね。
でも、子供の写真は毎日ドンドン増えていくので、『MYBOOK』で素敵なフォトブックにまとめるのがオススメです。

もうひとつの問題点「高い」
フォトブックのサービスは、さまざまな会社で取り扱いがあります。
格安なものから高価なものまで。
価格と同様、品質もさまざまです。

今回フォトブックを注文したきっかけは「大切な写真をきれいに残したい」という想いからです。
価格よりも品質の高さを優先し、品質に定評のある『MYBOOK』にしました。
思い出のぎゅっとつまった1冊をつくりたかったので、多少お金がかかっても良いと思っていました。
ですが、計算してみると決して割高ではありませんでした。

今回439カットの写真を使用しました。
そのうち大きなサイズにしたのが25カット。

写真プリントの相場は、だいたいLサイズ30円台前半、2L(大判)サイズで100円です。
これを参考にLサイズ35円、2Lサイズ100円として計算してみました。

Lサイズ414枚単価35円14490円
2Lサイズ25枚単価100円2500円
            合計16990円

自分で計算してビックリしました。
全部を普通にプリントしたら約1万7000円もの高額になってしまう所でした。
この大量にプリントした写真をアルバムに入れるので、さらにアルバム代が必要ですね。

もし、お気に入りの写真をスクラップブッキングすれば、さらに台紙・テープ・シール・パンチや道具類まで必要になってしまいます。

とてもそんなにお金はかけていられません。
毎月こまめに写真をプリントしていれば、そんなにお金がかかっていないと感じるかもしれませんが、トータルしてみるとプリント費用その他は結構かかっています。

『MYBOOK』なら、たくさんの写真を割安で一冊にまとめることができます。
何気ない日常の写真を1ページにたくさん詰め込むことも、家族写真などを見開きページに大きく引き延ばすこともできます。

<初回キャンペーンを利用しよう!>
『MYBOOK』では様々なキャンペーンやクーポンのサービスがあります。
キャンペーンやクーポンには期間がありますので、公式サイトをチェックしてみてください。
『マイブック割引チケット・クーポン』
MyBookのフォトブックシリーズの中でも人気の「ハードカバー」が40%オフ。
今までフォトブックをつくったことがない方が対象です。
※チケット・クーポンはおひとり様1回1冊に限り有効。
この機会に『MYBOOK』の高品質フォトブックを体験して欲しいと思います。

『MYBOOK』のリピート率は約60%です。
仕上がりの美しさを知ったら、また注文したくなるのも分かります。

価格の面から見ても『MYBOOK』のフォトブックは賢い方法だと思いました。
写真のプリントは100枚以上で割引価格になる所が多く、私も一度にたくさんの写真をプリントしていました。
でもたくさんプリントするのは注文するのも、その後の整頓も大変でうんざり。
『MYBOOK』は大量の写真もさくっと編集できて、自分の好きなように飾ったりもできるので本当に助かりました。

フォトブックが届きました

注文して約8日。
フォトブックが届きました!

6/19 注文完了
登録したメールアドレスに注文受付のメールがきました。

6/26 商品発送のメールがきました。

6/27 商品到着

思ったよりも早くてビックリしました。

注文完了や、発送メールなどが送られてくるので、いつ頃に届くのか分かるので受け取りも楽でした。

箱の中身は、商品のフォトブックと次回使用できるクーポンのついたニュースペーパーが入っていました。
今度はこのクーポンを使って、おじいちゃん達にフォトブックをプレゼントしようと思っています。

かわいい!
想像以上の仕上がりに、思わず声が出てしまいました。
表紙はテンプレートを使用してみました。
写真とタイトルを入れるだけで、こんな素敵な表紙ができるなんて感動ものです。


プラスチックのケース付きなので、傷や汚れがつきにくく大切に保管できます。
本屋さんで売っている写真集のような高級感のある仕上がりです。


『MYBOOK』は高品質で有名なのですが、その理由のひとつは製本技術だと思います。
綴じも丁寧でしっかりとした作りで大満足です。


表紙をめくると、一枚白い紙があります。
「見返し」というものです。
この紙があると、より上質な本って感じですね。


このページが特にお気に入りです。
このページもテンプレートを使用しました。
飾りがいっぱいだし、スクラップブッキング風で華やかです。
このページも写真を選んだだけで完成したので、あっという間でした。

このページは自分で台紙とイラストを選んでつくりました。
写真を丸く切り抜くのも簡単で、切り抜きのパターンも何種類もあるので編集が楽しかったです。

こんな写真集みたいなフォトブックを簡単に注文できてしまうなんて、とっても嬉しくていろんな人に見てもらいたくなっちゃいました。

『MYBOOK』のここが良かった

『MYBOOK』で初めてフォトブックをつくってみましたが、いくつも「いいな」って思うポイントがたくさんありましたので紹介します。

ポイント① 簡単
初めてでもつくりやすかったです。
編集ソフトも使いやすかったですし、テンプレートも種類がたくさんなのが良かったですね。
テンプレートを利用すれば、写真を選択するだけで素敵なページが簡単にできあがります。

ポイント② 高品質
届いたフォトブックの美しさに感動しました。
写真の色がキレイ。
製本が丁寧で、書店の写真集のようなゴージャスさ。

ポイント③ 仕上がり
背表紙にも文字を入れられるので、本物の写真集のように仕上がります。
プラスチックケース入りなので保存もしやすいです。

ポイント④ 種類の豊富さ
選べる種類が豊富なので、いろんなシーンに合わせて選べるのが良いと思います。
大判サイズからCDケースサイズ、手のひらサイズまで。
ページ数も10~100Pまであり、全て合計すると221種類あります。

ポイント⑤ 価格
大判サイズでページ数も増やして思いっきりゴージャスにつくることも、手のひらサイズの小さなフォトブックをつくることもできます。
価格も予算に合わせて選べるので、卒業アルバムや結婚式のアルバム、ちょっとしたプレゼントなどシーンに合わせて選択できるのが良いと思いました。

『MYBOOK』は、こんな人にオススメ!
・きちんと作れるか分からない(テンプレートが豊富なので写真を選択するだけでOK)
・操作が難しいか不安(編集ソフトをダウンロードしてカンタンに作れます)
・キレイでカンタンなフォトブックを探している(プロの写真家にも高く評価されている確かな品質)
写真をプリントするのが面倒
・カンタンに写真を整頓したい
・細かくこだわって作りたい
・お店で売っているようなフォトブックを作りたい
・結婚式のプレゼントにしたい
・オリジナルの卒業アルバムや卒園アルバムを作りたい
・なるべく安く作ってみたい(MINIなら900円で作成可能)

オススメの使い方
・結婚式の思い出を一冊に
・家族のアルバムを1年ごとにまとめる
・旅行の記念に
・ペットの写真集を
・子供の成長アルバムに。おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントにも。
・趣味でつくった作品などの写真をまとめて写真集に
・友達と自分達だけのオリジナルの卒業アルバムをつくる

まとめ

今回『MYBOOK』でフォトブックをつくってみて、本当に良かったです。
思っていたよりもずっと簡単でしたし、商品が届くのも早かったです。
こんなきれいな写真集のようなフォトブックができて感動しました。

費用もずっと安くすんで良かったです。
見開きのページに大きくどーんと引き延ばすこともできますし、小さめの写真をちりばめるようにレイアウトすることもできます。
お気に入りの写真を一枚一枚プリントしていたら、とんでもない金額になっていたので助かりました。
特にスマホで撮ったプリントしようかどうしようか迷うような何気ない写真も、プリント代を気にせず全部使えたので良かったです。

いままでプリントせずにたまっていた写真も見れる形で残せて大満足です。
これで万が一データに何かトラブルがあっても泣かなくてすみます。

大事な写真をきれいにカタチにできる『MYBOOK』はオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です