宮城県の子宝スポット

宮城県にある子宝スポットを調べてみました。
全国にはいろいろな子宝に関するスポットがあります。
ジンクス的なものなのでしょうが、妊活に行き詰まったりした時などに、夫婦でドライブや旅行で神社に参拝してみたり、パワースポットに行って気分転換してみるのは決して悪いことではありません。

夫婦が楽しいことをしていると、赤ちゃんも楽しそうだなって思って二人の元へ来てくれるかもしれませんよ。

宮城県に観光に行って楽しんで、さらにパワーをもらっていい妊活をしてみませんか?

宮城県の観光

宮城県は東北地方の経済の中心地であり、新幹線や飛行機などアクセスも便利です。
リアス式海岸や日本三景の松島など自然が豊富な観光スポットがたくさんあり、海の幸も豊富です。
七夕をはじめイベントも楽しめます。
「牛タン」「ずんだ餅」など全国的に有名なグルメもオススメです。

宮城県の子宝スポット

定義如来 西方寺

宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
問い合わせ 022-393-2011
JR仙台駅西口バスプール10番より定義行バス乗車で75分
JR仙山線・陸前白沢駅から定義行
車は東北自動車道・仙台宮城ICから40分

昔から縁結びや子授け・安産にご利益のあるお寺として、宮城県をはじめ東北の方々に親しまれてきたお寺です。
定義如来 西方寺には一風変わった子宝祈願の風習があることでも知られています。
御祈祷とともに、天皇塚「連理(縁結び)の木」を参り、子授け人形借りて行くという風習です。
子宝祈願をされたい方は、お寺にて祈祷し、その後本堂に祀られている子宝のお人形を後ろ向きで拝借していき、無事に子宝に恵まれた暁には新しい人形とともにお寺に返却するそうです。
是非とも訪れたい子宝スポットです。

塩竃神社

宮城県塩竃市一森山1-1
問い合わせ 022-367-1611
JR東北本線塩釜駅から、表参道(表坂)の石鳥居までタクシーで5分
車で、三陸自動車道、利府中ICより車で10分。

平安時代初期のころから信仰されていた、由緒正しい神社です。
志波彦神社の別院「鹽竈神社」に祀られているのが塩の神・安産の神として地元の人たちの信仰を集めてきました。
元々は、安産祈願で有名でしたが、しっかりと子授けのご利益もあるといわれています。

山神社

宮城県遠田郡美里町牛飼字斎ノ台37
問い合わせ 0229-33-2082
JR小牛田駅からタクシー3分、または小牛田駅からバス山の神下車
東北道古川ICから30分

日本には様々な種類の子宝祈願があります。
山の神神社で子宝のご祈祷して頂くと、枕・お守り・お米が頂けるそうです。
その中のお米を排卵日に、いつものお米に混ぜて炊いて食べると子授けのご利益があるそうなのです。
全国でも非常に珍しい風習でですよね。
山の神神社のご祭神は木花佐久夜比売命、大山昨命、天照大御神、応神天皇の4柱で、非常に古くから安産・子授け・縁結びの神として東北地方を中心に親しまれてきました。
また、古事記の中で一夜にして神様の子供を身ごもったというエピソードもあり、子授けに縁がある神社といわれているようです。

釣石神社

宮城県石巻市北上町十三浜字追波305
問い合わせ 0225-66-2251
三陸道河北ICから国道45号、県道、国道398号経由17km20分

全国各地にある石を祀った神社。
釣石神社にある御神体の巨石「男石」は、落ちそうで落ちないような絶妙の位置にあります。
このご神体「男石」は幾多の災害でもビクともしない為に、「落ちない」という事で中学校、高校、大学などの合格祈願に多くの参拝者が訪れているそうです。
そんな釣石神社ですが、元々は縁結びや夫婦円満、さらには子孫繁栄に御利益のある神社だと言われています。

東鳴子温泉

宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯18
問い合わせ 0229-83-3038
JR陸羽東線 鳴子御殿湯駅より徒歩3分
東北自動車道 古川ICより車で35分

宮城県東鳴子温泉は江戸時代中期に開湯した歴史ある湯治場です。
美肌効果の高い重曹泉を中心に多彩な泉質に恵まれ、湯治や長期療養滞在などを目的に伊達藩世紀には御殿湯も置かれた由緒ある保養温泉地です。
御殿湯の由来は、仙台藩及び岩出山城主の御湯として造られ、特に、楽山公(仙台藩主・伊達慶邦)は、子どものないのを憂い、婦人と伴い、赤湯に遊湯して、二子をもうけたと言われています。

[denwa][kodakara]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です