間違えてませんか?「妊娠中の食事」

妊娠したら、お母さんの体とお腹の赤ちゃんの発育のために、どのような食事をとれば良いのでしょうか。

「妊娠中は、赤ちゃんの分も二人分食べないといけない?」
「出産後に体重が戻らないのは嫌だから、太らないように食事制限する?」
「葉酸がいっぱい摂れるから、毎日ブロッコリーを食べる?」

このように、たくさんの情報があり何が正しいのか困ってしまいます。

妊娠中だということで、口に入れるものの安全性が気になって不安になることもありますよね。
妊娠中を健やかに過ごすために、正しい食事の摂り方を知りましょう。

妊娠中の食事のポイントと注意点

妊娠中には、それぞれ『適正体重』があります。
だいたい妊娠した際の定期検診で、体重管理や栄養管理の指導を受けることができます。
バランスよく栄養を取って、適正な体重であれば問題はありません。
ところが、妊婦にとって体重管理はとても難しいのです。

妊婦の体重コントロール

妊娠中は、これまでと違った体と心の変化が起きます。
そのため頭では分かっていても、どうしてもお腹がすいて食べてしまったり、逆につわりがひどくてまったく食べられなかったりします。
また食べ過ぎや食べれないことがストレスになってしまい、心の負担が増えることもあります。

食べ過ぎる時のパターンは以下のようなものがありますので、参考にしてみてください。
・つわりが終わったとき。
つわり中はムカムカして思うように食べれなかったので、その反動でつわりが終わったとたんに食べ過ぎてしまいます。
・各種イベントのとき。
妊娠期間は長いので、その間に数々のイベントがあると思います。
誕生日やクリスマス、楽しいのでいつもより食べてしまいがちです。
イベントに参加した次の日は、食べ過ぎたと思ったら控えめにするようにしましょう。
・安静時。
妊娠中のトラブルで、医師から安静を命じられることもあります。
寝ているだけなので退屈で、そんなにお腹もすいてないのに、だらだら食べたりしてしまうこともあります。
・里帰り出産の実家で。
里帰り出産は、親元で安心して出産することができますし、美味しいご飯も家事も母親がしてくれる場合が多いですね。
そのためゴロゴロだらだらして、食べ過ぎることがあるので注意です。

妊娠中に適した食事と食べ方

重要なことは「規則正しい時間に食べるようにする」ことです。
食事と食事の間が長いと、その間にお腹がすいて間食してしまいます。
間食しなくても、食事の時間には空腹で思わず食べ過ぎてしまいます。

妊娠後期でも、必要な摂取カロリーは普段のカロリーに350kcal増えるだけです。
ご飯一膳とあと少し食べるだけのカロリーだけで十分なので「赤ちゃんの分まで二人分食べる」のはNGです。

栄養バランスが大切なので「1日30品目」を目標に食べましょう。
厳密に30品目食べれなくても、目安がある分普段よりも多くの品目を摂れると思います。

外食やコンビニ弁当などは、塩分が多いので極力避けましょう。
満腹になりやすいので、良く噛んでゆっくり食べましょう。

以上のことはあくまでも目標です。
絶対に守らなければならないというわけではありません。
ストレスにならないように、自分のできる範囲で健康的な食事をとるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

葉子

こんにちは、葉子です(^^)
現在二児の女の子の子育て中。
妊娠、お産、子育てはすごく大変ですけど、こどもの笑顔を見ているとそんな苦労なんて一瞬で吹き飛ぶほど幸せな気持ちになります。
現在三人目を計画中ですが、楽しんで妊活していきたいです♪