産院の選び方

6a0be03b69c76752fe80bb3a140a565b_s

生理が来ないから市販の検査薬で調べたら陽性。妊娠がわかったらさっそく産科に行って診断してもらいましょう。そこで大事なのが産院選び。妊娠前から行きつけの産婦人科があれば安心できますが、そうでない場合まずは探すところから始めなければなりません。産院探しはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

産院の種類

産婦人科

妊娠から出産までを診る「産科」と生理や子宮など女性特有の病気や症状を診る「婦人科」。この2つの機能を備えたところが産婦人科です。産婦人科だけの個人医院(病院)と総合病院の中にある産婦人科がありますが、この2つは大きく違います。
《個人医院(病院)》
規模の大小はありますが、地元に密着した医院で検診から分娩まで一人の担当医師が見てくれるというところが多いようです。個室や食事のメニューが豪華であるなど特色のあるところも多く、産院選びの重要なポイントになることも。
《総合病院》
いわゆる大病院で、産婦人科は内科や外科などいろんな診療科目の中の一つです。合併症や多胎妊娠などリスクのある出産でも何か起きた時に速やかに対処できるので安心です。検診は行ないますが問題のない妊婦の分娩は「紹介状を出して他の産院で」という場合もあるので、はじめに確認しましょう。

助産院

助産師が開業している施設。医療行為はできないのでリスクのある出産は診てもらえないことも。自宅出産など自然の形での出産を望む人に人気です。しかし、万が一のことも考えて提携している医療機関や対応のスピードなどもよく調べる必要があります。

産院選びのポイント

医師や助産師との相性は安心して出産ができるかどうかの大切な基準です。口コミも大事ですが、実際行ってみて自分で判断しないとわからないので早期に病院を訪れてみましょう。

マタニティクラスも産院によって違います。内容もパパ・ママ教室などの出産の心得からマタニティ・ヨガやスイミングなどの運動系まで様々です。いろんなことを体験したいか面倒と感じるかで好みが別れるところです。

入院のスタイルも調べましょう。個室の広さや施設、母子同室か夜間は預かってもらえるか、食事の内容も様々で、フレンチのフルコースが出るところもあります。料金にも関わってくるところなので吟味しましょう。

分娩の方法にこだわる人もいます。水中出産や無痛分娩などは行っていないところも多いので、こだわりのある人はまずは自分の希望する出産方法が選べるところを探すことから始めましょう。

何度か通っているうちに不安を感じたり自分に合っていないと感じたら早めに別のところを探しましょう。臨月が近づくともう転院はしづらくなります。初期のうちに安心できる出産場所を確保することも出産の大事な段取りですね。

最後に

里帰り出産を考えている人は里帰り先の産院も早めに探すをオススメします。予約を取らなくてはいけないのはもちろんですが、知らない間に廃業していたり建物は以前のままでも「産婦人科」が「婦人科」に変わっていて分娩に対応できなくなっている場合があります

地域によって産院の数も違いますし、そもそも自分の理想通りの産院があるかもわかりません。しかし、納得して安心できる出産ができるように譲れない点、妥協できる点を考えてよりよい場所を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です