妊活に重要なのは抗酸化!アンチエイジングは妊活のトレンド

抗酸化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

体の中に活性酸素が増えると細胞にダメージを与え、老化が進んでしまいます。
見た目もそうですが、体の中でも同じように老化が起こります。
その影響は精子や卵子にもおよび、妊娠しにくい体になってしまいます。

体の酸化が妊活に与える影響

女性の体の中で酸化が進むと、卵巣や卵管、子宮の炎症がおきやすくなり、排卵障害または多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になる可能性が高まることがわかっています。
PCOSになると、体の中で卵子が成長していても自力では排卵ができない「排卵障害」状態になってしまうこともあります。
また卵子自体にも影響をあたえ、円形であるはずの卵子をいびつな形に変形させてしまい、妊娠しにくい卵子を形成させてしまいます。

男性の体内で酸化が進むと、精子の運動能力の低下を招き、女性の体内で受精しにくくなってしまいます。

体内が酸化してしまう原因は何なのでしょうか?

呼吸

82eaafeb9bfb65fa5b7a230547a759c3_s

普通に生活しているだけでも、活性酸素は体内で作られます。
呼吸で取り入れている酸素の2%が活性酸素なると言われています。
しかし、全ての活性酸素が悪いわけではありません。
体内に入ってきたばい菌や細菌を攻撃してくれる善玉活性酸素は病気を防御してくれます。

ストレス

3f309a017086085b6ce8065d97956002_s

ストレスを受けるとそのストレスを緩和しようとして、副腎皮質ホルモンが分泌されます。
分泌されるときに一緒に活性酸素も作られます。
また、ビタミンCには抗酸化作用があるのですが、ストレスが溜まっているとビタミンCの消費量が増え、活性酸素の勢力が強くなってしまいます。

紫外線

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

紫外線を直接肌に浴びると強力な活性酸素が生まれてしまいます。
紫外線がシミ等の肌トラブルの原因になるのは活性酸素が生まれてしまうためです。

飲酒

afb9522e957d9c99eea5b172a5d5c1c3_s

アルコールは百薬の長と言われていますが、多量でなければ活性酸素を減らしてくれる働きをしてくれます。
しかし、量が多くなるとアルコールを体内で分解する際に活性酸素が発生してしまいます。
アルコールの分解能力には個人差がありますので、どれぐらいという明確な量はわかりませんが、大量に飲む方は注意が必要です。

激しい運動

f53c67e58f6fbedfcb0f4af2fc18a6ec_s

運動をすると呼吸が増えます。
体に取り込む酸素量が増えると活性酸素に変わる量も増えてしまいます。

ある程度の運動をすることは、健康維持に必要不可欠ですが、日常的に激しい運動をして酸素を体内に多く取り込んでいる人は、注意が必要です。

体の酸化を防ぐために

体の酸化を防ぐためには、体の中の活性酸素を取り除くことが有効です。
抗酸化作用が強い食物を普段からとることを心がけることが必要です。

抗酸化作用の強い食べ物は?

1ce909088ef8af3bb278f98d6a25a43f_m

抗酸化作用が高い食品の中でも際立って抗酸化作用が強いものは「バナナ」です。
バナナは抗酸化作用が強い上にアミノ酸やビタミン類が豊富で、食物繊維もたっぷり含まれています。

また、代表的なものに緑黄色野菜に含まれているカロチンという成分が抗酸化には有効です。
トマトに含まれるリコピンや、ナスに含まれるアントシアニンも抗酸化作用の高い成分です。

野菜の抗酸化作用について調べると、緑黄色野菜にばかり目がいってしまいますが、実はキャベツの抗酸化作用は野菜類の中では飛び抜けて高いのです。

しかもまだ成熟していない、巻のゆるい若いキャベツの抗酸化作用が圧倒的に高いらしいのです。
春キャベツは抗酸化作用が高いと言えるでしょう。
その他の葉もの野菜ではほうれん草、ブロッコリー、ケールなども高い抗酸化作用あります。

ニンニク、ショウガ、ネギ、セロリなどの香味野菜も、抗酸化作用が高いことで知られています。
臭い成分のアリシンが体内の活性酸素と強力に結びつき、身体の酸化を防いでくれるのです。

339ae726ffe6a44cc35b53c90ba285fd_s

蕎麦に含まれる、ルチンという成分が抗酸化には有効ではないかと言われています。
また、蕎麦にはビタミンやミネラルも豊富に含まれ血圧を下げる効果もありますので、体のためには積極的に摂取したいものですよね。

 

女性ホルモンに近いものとして注目されているイソフラボンも抗酸化作用が高い成分なのです。

抗酸化作用の高い飲み物としては、抗酸化物質であるポリフェノールが含まれている紅茶やウーロン茶、ココアやコーヒーなどが有名ですが、最も抗酸化作用が高いのは緑茶です。
緑茶にはポリフェノールだけではなく、カテキンという抗酸化作用の高い成分が含まれているからです。

ポリフェノールが豊富に含まれるブルーベリーラズベリーレッドラズベリーブラックベリーイチゴなどのベリー類には抗酸化物質が豊富に含まれて抗酸化作用が高いことで知られています。
さらには脂肪酸を有害な「過酸化脂質」に変えるフリーラジカルを制御する効果もあります。ベリー系のフルーツは冷凍で販売されていますので、ちょっとお腹がすいた時に、おやつ代わりにつまむのもいいですよ!

アボカドはビタミンCが豊富に含まれ、シミを予防する働きがあります。
ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、細胞の老化やシワを予防する働きがあります。

その他にもアボカドには、ビタミンB群やβカロテン、カルシウム、鉄分などがバランスよく含まれています。
アボカドには含まれるオレイン酸やリノール酸は、コレステロールの吸収を抑え老廃物を体外へ排出するデトックス効果が期待できるため、細胞を若々しく保ち、動脈硬化を防く働きがもあります。アボカドはアンチエイジングのための完全食品といっても過言ではありません。

毎日の食事から抗酸化物質を充分に摂れない人はどうしたら良いの?

妊娠しているときは、お腹に赤ちゃんがいるため、妊娠がわかったら食事に気をつけるということを始める人が多いです。
しかし、妊娠中はもちろん妊活中に気をつけることで、健康であり妊娠しやすい体に自分の体を導いていくということが、非常に大切なことだと言えます。

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s
普段から、バランスのよい食事を心がけることは重要なのですが、なかなか実践するとなるとハードルが高いですよね。
忙しい毎日でも摂取しやすいように、不足な分をサプリメントなどに頼ることも大事なのかもしれません。

抗酸化作用が強いものでいま一番注目されているものに水素水があります。
手軽にいつでも取ることができ、効果も高いことが実証されています。

TVでも有名人が水素水を取り入れて、アンチエイジングをしているという情報がたくさん出ています。
ファッションや美容に強い影響力を持つGENKINGさんも生活の中に水素を取り入れているらしいですね。

GENKINGさんは水素吸入器で水素を摂取していましたが、なかなか時間の都合がつかないという人には、水素水がオススメです。
手軽にとれる上に、効果も期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です