体のリズムを知るための「基礎体温」

基礎体温とは、なんでしょう。
毎日測るのが面倒なイメージがありませんか?

基礎体温を測るということは、女性のデリケートな体の変化を知るための素晴らしい方法です。

基礎体温を測ることによって、どのようなメリットがあるのか解説していきます。

基礎体温とは

基礎体温は目を覚ました直後の、最も安静にしている時の体温のことです。
体を動かしてしまうと正確に測定できないので、手の届くところに基礎体温計(婦人用体温計)をおくようにしてください。

女性の体温は、0.3〜0.5度という細かい間で周期的に変化をしています。
このわずかな変化を毎日測定することで、女性の体のリズムを知ることができるのです。

主に、排卵しているかどうか、生理の時期、妊娠しやすいタイミングなどを自分で把握することができるのです。

基礎体温の測り方とコツ。

必ず就寝前に婦人用体温計を枕元など、体を起こさなくても取れるところにおいてください。
目が覚めたら、すぐに婦人用体温計を舌の下に入れて測定します。
舌下は、脇の下で測るよりも体内の温度に近く、外気や汗の影響を受けにくいからです。
つまり舌下で測定するのが、わずかな体温の変化を測るのに一番適しているからです。

測っている間も、体を動かさずにじっとしておきます。
基礎体温表も近くにおいておくと、すぐに記入できるので楽です。

基礎体温の見方。

基礎体温は『低温期』『排卵期』『高温期』に分かれています。
低温期は卵巣の卵胞が約14日間ほどで成熟します。
排卵期は卵胞から卵子が飛び出します。
高温期は着床に備えて子宮の内膜を厚くします。着床しなかった場合、不要になった子宮内膜ははがれて生理として排出されます。

低温期2週間と、高温期2週間の高低差がはっきりしているグラフになるのが正常な基礎体温です。

基礎体温でわかる体の異常。

低温期が続く場合は、排卵がされていない『無排卵月経』の疑いがあります。
生理があっても排卵はしていない排卵障害の一つです。

生理が終わった後も高温期が長く続く場合は『子宮内膜症』の疑いがあります。
10代の女性には、あまり見られませんが、年齢を重ねるごとに子宮内膜症の女性は増えて行く傾向にありますので、基礎体温でのセルフチェックは重要だと思います。

自分の体と向き合うための基礎体温。

基礎体温は体調や睡眠の質、食べた食事などの影響で微妙に変化することがあるので、きれいに低温期と高温期の分かれたグラフになるのは難しいと言えます。

そのため、毎日正しく測定し数ヶ月続けることで、自分の体のサイクルを把握できることができるのです。
病気の早期発見にもなりますし、生理開始の予測もたてやすいので、ぜひ基礎体温をつける習慣を始めてみてください。