子宮内の環境を整える「杞菊地黄丸」

妊娠しやすい体作りのために不妊治療に漢方薬を取り入れるカップルは年々増えています。
『漢方生理周期調節法』は、漢方薬を用いた不妊治療です。
生理周期に合わせた漢方薬により、生理周期と子宮内の環境を整えます。

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)は、目に効果があることで有名ですが、生理の低温期に用いることで妊娠しやすい子宮環境に整える効果もあるそうです。
漢方薬の天然由来の作用で体の内側から元気で妊娠しやすい体質への改善を目指します。

杞菊地黄丸はどのような体質の方に向いているのでしょうか。
杞菊地黄丸の成分、作用についてまとめてみました。

漢方薬「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」

漢方薬は、中国で発達し日本独自の発展をしてきた伝統医学のことです。体全体の調和を重視し、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。
「杞菊地黄丸」は女性は妊娠しやすい体に、男性も精子の状態が改善するように体全体を整え、原因が分からない不妊にも対処します。杞菊地黄丸は妊活のための体質改善に最適です。

一人一人の体質にあった漢方薬を処方しますので、服用が向いている方と、服用を避けたほうが良い体質の方がいます。
専門店の薬剤師に相談の上で服用されてください。

成分

杞菊地黄丸は、地黄・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・枸杞子・甘菊花の8種類の生薬が配合された漢方薬です。
天然由来の生薬を組み合わせることにより、一人一人の体質にあった効果が得られます。

作用

杞菊地黄丸は疲れ目・のぼせ・めまい・むくみ・排尿困難・頻尿・視力低下・子宮内膜の回復・卵胞の成熟のサポートなどに効果がある漢方薬です。
目が乾く・目がかすむ・視力低下・のぼせる・めまいがある・不眠・手足がほてる・むくみやすい・経血が少ないなどの体質の人に有効とされています。

地黄は、強心作用と抗アナフィラキシー作用があります。
山茱萸は、白血球を増やし遺精(精子が漏れること)を防ぎます。
山薬は、消化吸収を助けます。
沢瀉は、自律神経の興奮を抑えます。
茯苓は、むくみを、食欲不振、不眠などに効果があります。
牡丹皮は、血行を良くして子宮粘膜に働き、生理を正しく整えます。
枸杞子は、肝機能保護作用と滋養強壮の効果があります。
菊花は、解熱作用があります。

杞菊地黄丸を生理低温期(卵胞期)に使用することで、生理で失った血を回復させ、子宮と卵巣へ栄養を届け、子宮内を妊娠しやすく整えてくれます。
生理周期と子宮内を正しく整えることで不妊症克服をめざします。

まとめ

杞菊地黄丸は目に効く漢方薬ですが、卵子の成長をサポートする効果もあるので生理低温期(卵胞期)に使用する場合があります。
生理周期に合わせた漢方生理周期調節法により、妊娠しやすい体へ改善します。

※漢方薬は一人一人の体質に合わせての服用が大切です。服用の際には専門の薬剤師に必ず相談してください。

また、漢方薬が苦手な方には子宮の環境を整えてくれるサプリメントもあります。詳しくは「妊活の成功率UP!には、妊娠しやすい子宮環境作り!」の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です