費用も体への負担も意外と軽い?「人工授精」とは

体温計

不妊治療をおこなっているカップルは年々増加傾向にあるようです。その中でも人工授精の正しい知識を持ったカップルはどれだけいるのでしょう?

人工という響きから自然的ではない『人工的』というイメージがあるのではないでしょうか。実際、人工授精体外受精を混同されている方も多いのが現状のようです。

今回は、自然妊娠やタイミング法で妊娠しなかった場合に、次のステップとして選ぶことのできる人工授精について、その方法や妊娠成功率、費用などについてまとめてみました。

人工授精とは

人工授精とは、まず精液を採精し洗浄、濃縮します。その精子を排卵日に子宮内へ直接注入する方法です。タイミング法で妊娠しなかった場合や、精子の運動率が悪い場合、または適切な性交渉ができない場合などに用いられる治療法になります。

医療の手を借りますが、授精し着床するまでの過程については自然妊娠と同じく自然にゆだねられますので、人工という名前ではありますが自然妊娠に近い治療です。

精液の洗浄の必要性

人工授精では精液を洗浄し濃縮しますが、これは元気な精子を選ぶためです。また採精した精液の中に混入してしまう不純物などを取り除かないと女性が腹痛や発熱を起こしてしまうため、きちんとした洗浄と濃縮が必要なわけです。

さらに、濃縮することで精子をより良い状態に整えることができ、妊娠の確率を高めるのです。

人工授精で妊娠する確率は?

一般的に人工授精における妊娠成功率は、8〜10%と言われています。そこに排卵誘発剤を併用したり、人工授精を2日連続でおこなうなどで妊娠率は約20%に上がります。

3周期以内の妊娠は全体の約80%です。

3周期以降は妊娠成功率が低下するため、5周期をリミットの目安として次の体外受精へ治療を移行するケースが多いようです。

子宮環境を整える

人工授精で卵子や精子のことを気をつけている方も、女性の子宮のことを忘れている場合が多いようです。女性の子宮の環境を整えることでもう少し妊娠の確率を上げることができます。

詳しくは、「妊活の成功率UP!の秘訣は妊娠しやすい子宮環境作り」のページを参考にしてください。

人工受精のメリット

人工授精のメリットとしては、不妊治療の中では女性のカラダへの負担が比較的少ない治療だということです。女性に痛みはなく、排卵誘発剤を使用しない場合には子宮と卵子への負担もありません。

体への負担が少ないため複数回治療を行うことが可能です。回数を増やすことで当然、妊娠成功率も総合的に高まります。また、細い管で精子を子宮へ届けるだけなので、施術にかかる時間も短時間で済むというメリットがあります。

人工授精のデメリット

人工授精のデメリットとしては、まず費用が保険の適用外の自由診療にあたるため、治療費の自己負担がかかってきます。人工授精は一回で1万円〜3万円ほど。しかし、それでも体外受精の治療よりは少なめの金額となっています。

他のデメリットとしては、人工授精の過程で、子宮などに炎症がおこる場合があります。また、排卵誘発剤を併用している場合、多胎妊娠(二人以上を同時に妊娠すること)になりやすいことがあります。

多胎妊娠はお腹の赤ちゃんと母親の体への負担が大きく、早産と低出産体重児の率が高くなり、子供を失うリスクも通常より高くなるということを念頭に置いておかなければなりません。

まとめ

タイミング法で妊娠できなかった場合は、人工授精を行うことが多いです。人工授精は医療の手を借りますが、授精と着床は自然まかせなので自然妊娠に近い不妊治療と言えます。

メリットとしては、体の負担が軽いことです。デメリットとしては自由診療なので費用の負担が大きいことと、多胎妊娠の可能性があることです。

ただ、最近では家庭でもシリンジ法の人工授精が行える簡単人工授精キットなども発売されています。まずはそういったものから始めてみるのも良いかもしれません。



シリンジ法キットのご利用方法はこちら

このようなことを理解した上で、カップルでどのように不妊治療をしていくのか話し合うことが重要です。

妊活の成功率UP!の秘訣は妊娠しやすい子宮環境作り

卵子を若返らせる『ミトコア300mg』の驚きの効果とは!?

一番自然妊娠に近い不妊治療「タイミング法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です