妊娠線予防クリームは足にも忘れずに!

先輩ママの経験談として、妊娠中にやっておけばよかったと思うことを教えてください

”妊娠線予防クリーム”はマタニティ雑誌などを見てもあちこちで紹介されているので、おそらく自分に合ったものを見つけてお腹に塗っている人はたくさんいると思います。私も初めての妊娠だったので、妊娠が分かってからマタニティ雑誌を読みこんでいて、妊娠線予防クリームは絶対に塗らなきゃダメだと思って、朝はクリーム、夜はオイルを一生懸命塗りこんでいました。
そのせいか、妊娠8か月頃から急におなかが前に出っ張ってきて臨月と間違われるくらい大きなおなかになり、妊娠線のことが心配だったのですが、産後、おなかに妊娠線は全く残りませんでした。クリームやオイルを毎日欠かさず塗っていて良かった!と実感しました。
しかし!しばらくして気づいたのですが、なんと、おなかではなく”太もも”にピリピリと赤紫の線、つまり妊娠線ができていたのです。太もものあちこちにできていました(泣)。おなか周りは一生懸命塗っていましたが、太ももに塗るなんてちっとも頭にありませんでした。マタニティ雑誌にも書いてあったかどうか…。「妊娠線=おなか」と思い込んでいた落とし穴でした。できてしまったものはすでにどうしようもなく、そのままです。

考えてみれば、子供とプールに行くときなど水着になる場合、おなかよりも太ももに妊娠線が残っているほうが人の目につきます。妊娠中の妊娠線予防クリームは、おなかだけでなく、太ももも忘れずに面倒がらずにしっかり塗っておくことをおすすめします。妊娠中は足も太くなっているということなんですね。本当にうっかりしていました。
さらに、私の場合は出産間近に足首のむくみがひどく、ぞうの足のように腫れあがって足首がないような状態になってしまいました。そのせいで、足首にもピリピリと妊娠線が残ってしまっています。足首のむくみは全くない人もいるようですが、もしむくみが気になるようになったら足首にもクリームやオイルを塗っておくと良いのだと思います。そうなると、腕にも妊娠線が残る可能性があるのかもしれませんね。私は腕にはないと思っているのですが、気づいていないだけなのでしょうか。
毎日大変ですが、クリームやオイルもいろいろな種類があるので、香りが好きなものとか、スルスル伸びて塗りやすいものとか、私のように朝晩で使い分けたり、気分で使い分けたりして毎日続けられる工夫をすると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です