カップルの10組に1組は悩んでいる「不妊症とは」

『妊活』という言葉も一般的になり、前向きに子供を授かろうとするカップルも多くなりました。
しかし、結婚適齢期が上昇し晩婚化が進み、それにともない出産年齢も上昇しているため妊娠をのぞんでいても、なかなか授からないカップルは増えていると言われています。

不妊治療も専門のクリニックなどができ、ずっと身近なものになってきました。

不妊症の定義やその要因についてまとめてみました。

男女両方の問題である不妊症

不妊症とは、子供ができないことを言います。
定義としては、妊娠をのぞんでいるカップルが1年間性生活をおこなっても妊娠しない場合を言います。

不妊症は他の病気と違い、痛みなどの自覚症状がない場合がほとんどですので、結婚して初めて不妊の問題にぶつかるカップルが多いようです。

妊娠しようと思っていても、妊娠できないと、その理由・原因はなんなのかとても不安になります。
女性側に問題があるように思われがちですが、不妊の原因については男女の割合はほぼ一緒といわれています。
今の医学ではすべては解明されてはいませんが、その要因については多くのことが分かってきました。

女性側の不妊の要因

『排卵障害』
排卵が正常におこなわれず、卵巣で卵子が育たなかったり、卵子が排卵しない場合を排卵障害と言います。
排卵障害が起こる原因は、ホルモンバランスの異常や、過度の肥満・体重減少などです。
また生理が長く来ない場合は、排卵のない無排卵の可能性もあります。
排卵の有無は、基礎体温で分かりますので病院に行く前のセルフチェックとして測定してみると良いと思います。

『卵管障害』
卵管に支障(狭い、詰まっているなど)があり受精できない、または受精卵が移動できずに着床まで至らない場合などを卵管障害と言います。
クラミジア感染症にかかると卵管炎などをおこすことがあり、症状がでないまま卵管が詰まっていることがあります。
また子宮内膜症によって、卵管の周囲で癒着がおこって卵管が詰まる場合もあります。

『子宮頸管の精子通過障害』
子宮頸管の中が精子の通りにくい状態になるのが子宮頸管の精子通過障害です。
本来ならば排卵に合わせて子宮頸管の中は、精子が通り抜けやすくするために粘液が変化をします。
この粘液が少なかったり、精子が通るのに適してないと、精子は子宮の中に入りにくくなり妊娠しにくくなります。

男性側の不妊要因

『性機能障害』
勃起障害いわゆるEDや、膣内射精障害などのことを性機能障害と言います。
ストレスによっておこったり、妊娠へのプレッシャーも原因の一つとして考えられています。
また糖尿病などの他の病気でおこることもあります。

『精路通過障害』
精子が体の外に出る時の通り道が詰まっているためにおこるのが精路通過障害です。
射精は可能でも精子が排出されないために、妊娠することができません。
精管が詰まる原因は、炎症などによるものです。

『膿精液症』
精液に白血球が増え、精子の動きが悪くなることを膿精液症と言います。
精液は黄色みをおびるのが特徴です。
大腸菌やクラミジアなどによる精嚢や前立腺の炎症が主な原因です。

『造精機能障害』
運動性の高い元気な精子を多く作れないのが造精機能障害です。
精子の数が少なかったり、また精子が精液になかったり、運動性が低いと妊娠しにくくなります。
精巣内の温度が病気などで高くなると、精子の数や運動性が引くなってしまいますが、はっきりとした原因がなくても精子が作られないという場合もあります。

まとめ

不妊で悩んでいるカップルは年々増え続けています。
子供を授かるには、女性だけでなく男性にも不妊の要因があります。
また加齢により妊娠が難しくなることも考えられますので、不安に思った場合は医師に相談したほうが安心だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です