不妊症の男女ともに効果のある「八味地黄丸(はちみじおうがん)」

漢方薬

体外受精などの不妊治療は体と経済的負担が大きいため、最近では妊活に漢方薬を取り入れるカップルが増えています。漢方薬によって体の不調を整えて妊娠しやすいカラダに改善できるのです。

そんな漢方薬の中でも『八味地黄丸(はちみじおうがん)』は、下半身の冷えや体力の衰えを改善する効果があるため産婦人科でも処方される妊活のための漢方薬です。男性の場合は性欲が上がり尿の出が良くなる効果があり、女性の場合は子宮内を改善し、着床しやすくする効果があります。まさに不妊治療中の男女両方に適した漢方薬です。

今回はそんな八味地黄丸の成分、作用などについて詳しくまとめてみました。

漢方薬とは?

まずは漢方薬について簡単に紹介します。漢方薬とは中国で発達し日本独自の発展をしてきた伝統医学・東洋医学のことです。カラダ全体の調和を重視し、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。八味地黄丸もそんな漢方薬の一種です。

八味地黄丸について

八味地黄丸について冒頭でも軽く紹介しましたが、改めて効能を紹介すると、女性は妊娠しやすい体に、男性も精子の状態が改善するようにカラダ全体の調子を整えてくれます。

この効果により原因が分からない不妊にも対処できる場合があります。そのため、妊活のための体質改善に最適な薬のひとつとして産院でも処方されるくらいなのです。

ただし、漢方薬は一人一人の体質によって量や成分を調整して処方しますので、服用が向いている方と、服用を避けたほうが良い方がいます。妊活に良いからと自分で勝手に服用せずに、漢方薬の専門店で薬剤師に相談した上で服用するようにしましょう。

八味地黄丸の成分は?

八味地黄丸には、地黄・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・桂皮・附子の八種類の生薬が配合されています。
東洋医療で用いられる天然由来の生薬を組み合わせることによって、様々な効果が得られます。

八味地黄丸の効果まとめ

それでは八味地黄丸の成分についてまとめていきます。

八味地黄丸は、生理が遅れ気味・経血の量が少ない・おりものが多い・頻尿・疲れやすい・あまり性欲がない・手足や腰の冷えなどの症状が見られる体質の方に有効だと言われていますが、細かく見ると以下のような8つの成分を複合した漢方薬になります。

  • 地黄は、血液を補う効果があります。
  • 山茱萸は、男性の生殖機能を高め、滋養強壮の効果があります。
  • 山薬は、消化吸収を改善、免疫を強化して男性ホルモンを増強する効果があります。
  • 沢瀉は、利尿効果により毒素を体の外に排出します。
  • 茯苓は、滋養強壮効果と利尿効果があります。
  • 牡丹皮は、血の巡りを良くして体内に血が滞るのを防ぎます。
  • 桂皮は、滋養強壮と、免疫力を回復させたり胃腸の働きを整えたります。
  • 附子は、血行を促進して新陳代謝を促進します。

以上の生薬を組み合わせることによって、女性は生理周期を整え排卵を促し、着床しやすい子宮に改善します。
男性の場合は精力を増強させ、精子の質を高める効果も期待できるとされています。

まとめ

八味地黄丸は効能に根拠があるとして病院でも処方される漢方薬です。

女性の体を温め、体力の低下を改善することによって妊娠しやすい体を作ります。また、男女それぞれに不妊を克服する効果があり、まさに妊活中のカップルに最適な漢方薬といえるでしょう。

妊活の成功率UP!の秘訣は妊娠しやすい子宮環境作り

妊活情報!卵子の質を上げて妊娠力をアップしよう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です