葉酸サプリの副作用

妊娠中に積極的に摂りたい栄養素「葉酸」。
最近では、母子手帳にも妊娠期の葉酸摂取に関する記載がされている自治体もあり、認知度が上がってきています。
※葉酸摂取に関する表記は任意記載事項のため、自治体によっては記載がない場合があります。

厚生労働省は、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるためには、葉酸摂取が重要であるという見解を示し、食事に加えて栄養補助食品(サプリメント)からの摂取を推奨しています。

妊娠期は、お母さんが口にしたものが赤ちゃんの栄養にもなるので、いつも以上に口に入れるものには気をつけたい時期でもあります。
葉酸が妊娠期のお母さんと赤ちゃんにとってとても大切なものというのはわかりましたが、私が、葉酸を摂るにあたって不安になったことが、2つありました。
一つは、葉酸には副作用がないのだろうか?ということと、妊娠中にサプリメントを飲んでも大丈夫なんだろうか?ということです。

まず、妊娠中にサプリメントを飲んでもいいんだろうか?ということについて。
これに関しては、いろいろ調べたり人に聞いたりして、妊娠中だからこそサプリメントを飲むべきだという結論に達しました。
妊娠中には、鉄分とカルシウムは特にたくさん摂りたい栄養素です。
鉄分は赤ちゃんにスムーズに栄養をおくるため。
カルシウムは、妊娠期にはお母さんの体に蓄えられているものが優先的に赤ちゃんにおくられるためです。

妊活中で葉酸がいいという話を聞いて、いざ葉酸サプリを飲もうと思った時に気になるのはやはり副作用についてでしょう。このサイトでは葉酸サプリの副作用について詳しくご紹介します。

葉酸とは?

そもそも葉酸とは何でしょう? 葉酸は糖や脂肪のエネルギー代謝に欠かせないビタミンの一種、葉もの野菜に多く含まれていることから葉酸と呼ばれています。

葉酸は、お腹の赤ちゃんの細胞分裂を促す働きがあるため、厚生労働省が妊娠前からの積極的な摂取を呼びかけています。
ただ葉もの野菜やレバーに含まれる天然の葉酸は、調理前には豊富に含んでいても熱や水に弱く調理の際にその半分がなくなってしまいます。例えば、ホウレン草では100μgそのため効率よく摂取できる葉酸のサプリメントを利用するのがオススメです。この時期に必要な葉酸は1日に400μg。

葉酸サプリの副作用とは?

葉酸のサプリメントをおすすめすると言いましたが、妊娠中ですからサプリの副作用が気になるところだと思います。そこで葉酸サプリの副作用をご紹介していきましょう。

天然の葉酸に副作用はない

まず葉酸のサプリメントの前に通常の食品に入っている天然の葉酸についてご紹介します。天然の葉酸は、過剰に摂取しても副作用はありません。例えば葉酸が豊富なホウレン草を毎食毎食大量に食べたとしても葉酸の過剰摂取にはならないのです。

副作用があるのは

調べてみると葉酸サプリの副作用としては下記の項目があげられます。

  • 吐き気
  • 不眠症
  • 食欲不振
  • むくみ
  • 小児ぜんそく

ここでまず最初に結論から書きますが、これらの副作用は葉酸のサプリメントを過剰に摂取した場合に見られるということです。

本来は1日1粒と書いてある葉酸を3粒も4粒も取らないかぎり、副作用が起こることはまずありません。
体に良い葉酸をたくさん摂って健康な赤ちゃんを産みたいと思うあまり、たくさんとってしまうことは副作用を引き起こし、母体にも胎児にも悪影響をおよぼすので、用法・容量は絶対に守ってくださいね。

5cceb28e3043302d519bd02ed15b25a9_s

不眠症

妊娠と不眠症

一般的に妊娠初期では女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌量が増えるので、眠気が強くなると言われています。
しかし、女性は妊娠するとお腹の中の赤ちゃんを育てるため、また出産に備えて体が変化して不眠症をおこしやすい人もいるのです。
ホルモンのバランスが、妊娠前とは変わってくるので、つわりがおきたり気分が沈んだり(マタニティブルー)、不安になったりします。

お腹が大きくなると寝返りがうちにくくなって、その度に目が覚めたりもします。
さらに、大きくなったお腹が膀胱を圧迫し、トイレに行く回数が増えるので、夜中に何回も目が覚めてしまうことも多くあります。

このように、妊娠すると体調の変化が起こりやすくなります。

葉酸=不眠症なの?

結論から言うと、葉酸サプリメントは過剰摂取しなければ、副作用の心配はありません。
1日の摂取量が1000μgを超えなければ問題はないのです。

葉酸には造血作用があり、血の巡りを良くしてくれる重要な栄養素です。
それにより、子宮や卵巣などが赤ちゃんを育てやすくなるので妊娠前、妊娠中も積極的に摂ることが望ましいのです。

しかし、葉酸は尿で排出されてしまう上に、食事からの摂取は水と熱に弱いため調理時に半分は失われてしまいます。
体に摂り入れにくい栄養素だからこそ、サプリメントを使って補うことが大切なのです。

さらに詳しくは、葉酸の副作用『不眠症』をご確認ください。

949f2fbba4e2985b74a28a960dbac606_s

むくみ

妊娠中のむくみについて

妊娠中の女性はもともとむくみやすくなっています。お腹の赤ちゃんにたくさんの栄養を届けるために、妊娠中のお母さんの血液量が増加しているからです。

また、そのような体の状態に加えて、つわりなどで運動量が不足したり、急に体重が増加することにより血の巡りが悪くなることでむくみが進んでしまいがちですが、じつはむくみは妊婦にとって大敵なんです。

特に心配なのは、妊婦の合併症『妊娠高血圧症候群』(妊娠中毒症)。むくみやタンパク尿、高血圧などの症状群で、妊娠高血圧症候群になると子宮や赤ちゃんに栄養を送る胎盤に流れる血液の量が少なくなってしまいます。そうするとお腹の赤ちゃんの発育に影響し、早産、未熟児、死産などの原因となってしまうのです。

葉酸の摂取によって、むくみはおこるの?

このように妊娠中のむくみは非常に怖いものですが、妊婦にとって重要な栄養素『葉酸』の摂り過ぎでむくみがおこるのでしょうか?

まず、最初に知ってほしいのは葉酸自体にむくみの症状を発生させる要素がないということです。確かに葉酸は過剰摂取するといくつか副作用が発生するといわれていますが、むくみに関しては単なる噂でしかありません。つまり、葉酸が原因でむくみはおきないのです。

さらに詳しくは、え、本当なの? 葉酸の副作用『むくみ』をご確認ください。

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

吐き気

注目すべきなのは、葉酸を積極的に摂るのは、妊娠を望んでいる女性や、妊娠初期の女性だということです。
妊娠初期には、つわりによる吐き気も出てきます。
つわりは、妊婦の半数以上から約8割が経験するものです。
葉酸サプリを摂り始めた時期と、つわりの時期が重なっている可能性もあります。

つわりなのか葉酸の副作用なのか分からずに、葉酸サプリの摂取を控える方も出てくると思います。
正しい知識も持たずに「副作用があるといわれているから、飲むのをやめる」のは危険です。
同時に「たくさん摂ったほうが効果が出るはず」と用法容量以上の摂取をするのも危険です。

葉酸の重要性と、正しい摂取の仕方、過剰摂取とはなんなのかということを知ることが大切です。

葉酸は、お腹の赤ちゃんが健やかに育つために、とても重要な成分です。
細胞分裂に関わるとともに、赤血球の形成を促す働きがあるからです。

妊娠中の女性が葉酸不足になると、どうなるのでしょうか?

お腹の赤ちゃんの細胞分裂が正常におこなわれなくなり、先天異常をおこす可能性が出てきます。

また赤血球が正しく形成されずに、貧血になる場合もあります。
妊娠中の貧血は、赤ちゃんに十分な栄養が送れなくなります。
すると、お腹の赤ちゃんの発育が遅れ、未熟児の危険性もあるので注意が必要です。
出産時に、出血によるトラブルが起きることも考えられます。

妊娠時には1日400μg葉酸の摂取が厚生労働省から推奨されています。
食品からは吸収率が悪いので、不足する分をサプリメントで補うのが賢い葉酸の取り方だと思います。
その際、サプリメントの用法容量をきちんと守ることが肝心です。
「今日の分。飲んだかな? 分からないから飲んでおこう」という飲み忘れによる重複摂取も注意が必要です。

更に詳しくは、葉酸の過剰摂取による副作用『吐き気』をご確認ください。

b0cd3fb020e1968cff3d92838fdf6ba0_s

『食欲不振』とは

『食欲不振』とは、少量しか食べれない。
食べたいという気持ちがわかない状態のことをいいます。
誰にでも良くあるケースのことなので、軽視されることもあると思います。
しかし、ベビ待ちさんや妊娠中のママにとって、食事をとれないということは、非常に心配でストレスを感じてしまいます。

特に妊娠初期には、多くの妊婦さんに『つわり』があります。
吐き気や、好きだったものが苦手になるなどで、もともと食欲不振になりやすい時期なのです。
「お腹の赤ちゃんが、栄養不足になってしまわないかしら?」
そんな不安を抱くと思います。

葉酸不足による『食欲不振』

過剰摂取でも食欲不振になる可能性がありますが、不足しても食欲不振は起こりうることなのです。

葉酸が不足すると、様々な障害が起こりやすくなります。
なぜなら、葉酸は粘膜を守る役割も持っているからです。
そのため不足すると、十二指腸潰瘍・胃潰瘍・口内炎ができやすくなるといわれています。
潰瘍ができることがなくても、体調不調として下痢や食欲不振を引き起こしてしまいます。

葉酸の過剰摂取

そもそも、どのくらいの量を摂れば『過剰摂取』になるのでしょうか。
1日の上限量である1000μgを超えなければ『過剰摂取』には当てはまらないと考えられます。

もともと葉酸は水と熱に弱いので、調理の際に約50%は溶出され失われてしまいます。
非常に体内に取り込みにくい栄養素なので、サプリメントを使用して効率よく摂取するのが望ましいです。

日本製のサプリメントは、過剰摂取に配慮した製品が多いので用法容量を守っていれば1日の上限である1000μgをこすことはないので、大丈夫です。
ただし海外のサプリメントは、効果の強いものがあるので注意が必要です。

更に詳しくは、葉酸の副作用「食欲不振」をご確認ください。

033393

小児喘息

葉酸が不足するとどうなるのでしょう。

葉酸不足により、お腹の赤ちゃんが神経管奇形(胎児の脳や脊髄の成長が十分におこなわれずにおこる先天異常)を生じ、それによって流産や死産につながることも。
また、葉酸には造血作用もあるので、不足すると貧血を起こすこともあります。

葉酸がお母さんと、お腹の赤ちゃんに必要な栄養素ということは分かりました。
では、葉酸を摂りすぎるとどうなるのでしょうか?
葉酸の過剰摂取による『葉酸過敏症』で、様々な症状が出る可能性があります。

『葉酸過敏症』の症状とは。

葉酸過敏症の症状は発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害、食欲不振、吐き気、むくみ、不眠症などです。
さらに、その中の一つに、生まれた赤ちゃんの小児ぜんそくの確率が高くなるというものも最近分かってきました。

葉酸の過剰摂取による小児ぜんそくのリスク。

2009年 オーストラリアのアデレード大学の研究者が、実験結果を報告をしたことで広く知られることになりました。
小児ぜんそくは、重度の場合は呼吸困難、チアノーゼを起こす病気です。

この実験の結果だけを鵜呑みにして、葉酸を遠ざけてしまうのは危険だと思います。
なぜなら、この実験は妊娠後期(第30週〜34週)に限られた研究の結果だということです。
さらに合成葉酸を1日1000μgも摂取した場合に、葉酸を積極的に摂取していない子供より、小児ぜんそくのリスクが25%高まるというものです。

厚生労働省が推奨する葉酸の量

厚生労働省が推奨する葉酸の量は、女性が240μg、妊婦が倍の480μgです(2015年版 食事摂取基準より)
つまり、実験では1日1000μgですから、およそ2倍の葉酸を摂取していたわけです。

加えて、食品からの葉酸の体内吸収率は約50%と非常に吸収が難しい栄養素なのです。
葉酸の多く含まれた食事とサプリメントを併用しても、サプリメントの用法容量を守っていれば、1日の摂取の上限である1000μgをオーバーすることはまずないといってよいと思います。

あくまでも上限以上を摂取する『過剰摂取』によってひきおこされる副作用ということです。

過剰摂取を危惧することよりも、葉酸の重要性と必要性を改めて認識していただきたいと思います。

更に詳しくは、葉酸の副作用による「小児ぜんそく」についてをご確認ください。