男性の不妊症に有効な「補中益気湯」

補中益気湯は男性不妊に多く用いられる漢方薬です。
精子濃度や運動率が改善されるので、乏精子症・精子無力症に対し実績があります。

補中益気湯は、胃腸の働きを改善し体力を回復させて元気を取り戻す作用があります。
食欲不振・脱力感・虚弱体質・下痢・不正性器出血などに効果がある漢方薬です。

補中益気湯の成分や作用についてまとめてみました。

漢方薬

漢方薬とは、中国で発達し日本独自の発展をしてきた伝統医学のことです。
体全体の調和を重視し、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。
女性は妊娠しやすい体に、男性も精子の状態が改善するように体全体を整え、原因が分からない不妊にも対処します。
漢方薬は妊活のための体質改善に最適です。
一人一人の体質にあった漢方薬を処方しますので、服用が向いている方と、服用を避けたほうが良い体質の方がいます。
専門店の薬剤師に相談の上で服用されてください。

成分

補中益気湯は、黄耆・蒼朮か白朮・人参・当帰・柴胡・大棗・陳皮・甘草・升麻・生姜の生薬が配合された漢方薬です。
10種類の天然由来の生薬を組み合わせることによって、体を元気にする効果が出ます。

効果

補中益気湯は、胃腸の働きと体力を回復させて、体の内側から元気にする作用のある漢方薬です。
体力が弱っている夏やせや病中、病後、手術後などにも用いられます。

主薬は人参と黄耆で、滋養強壮の作用があります。
蒼朮は、水分の循環を良くします。
柴胡は、炎症を治します。
当帰は、血液の流れを良くして貧血を改善します。
升麻は、喉の痛みなどを治します。
陳皮と生姜は、胃腸の働きを良くします。
大棗は、体をあたため、他の生薬どうしの薬理作用の衝突を防ぎます。
甘草は、胃を丈夫にし各生薬とのバランスをとる役目があります。
以上の10種類の生薬の組み合わせで、栄養を吸収する大切な胃腸機能を改善します。

補中益気湯は、男性ホルモンのテストテロンの分泌を整え、精子の運動率を高めると言われてます。
また疲れやすい体質(虚弱体質)では妊娠しにくいため、補中益気湯で元気な妊娠しやすい体に改善します。
男性だけでなく女性にも有効ですので、カップルで服用すると不妊効果が期待できるそうです。

まとめ

補中益気湯は体力がない・胃腸が弱い・元気がないといった全体的に疲れのみえる方に有効な漢方薬です。
体をあたため、胃腸を回復することによって体の内側から元気になり、精子濃度や精子の運動率に改善がみられたため男性不妊の原因でもある乏精子症や精子無力症に有効と言われています。
男性ホルモンの分泌を良くすると同時に、女性ホルモンも正常にするので不妊に悩むカップルによく用いられる漢方薬です。

※漢方薬は一人一人の体質に合わせての服用が大切です。服用の際には専門の薬剤師に必ず相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です