成人男性の4人に1人は「勃起障害(ED)」

正常に勃起できない「勃起障害(ED)」は、重度の差はありますが多くの男性に見られる症状です。

勃起障害(ED)により、性交が不十分なため妊娠にいたらないケースの不妊症はどのように治療するのでしょうか。
またパートナーの女性との『妊活』の温度差やプレッシャーにより、排卵日に勃起障害(ED)をおこすケースもあります。

勃起障害(ED)は身体的なものから精神的なものまで、様々な原因によっておこります。
男性だけではなく、妊娠をのぞむパートナーの女性にとってもデリケートな問題です。

勃起障害(ED)の症状、原因、治療法、妊娠の可能性などについてまとめてみました。

勃起障害(ED)とは

勃起障害(ED)とは、勃起機能の低下のことです。
間違った認識をされている方が多いのですが、勃起障害(ED)はまったく勃起ができない状態のことだけをさすのではありません。

勃起までに時間がかかる・途中で萎えてしまう・性交が十分におこなえないなど、正常に勃起できなければ勃起障害(ED)の疑いがあります。

成人の男性の4人に1人が、中度〜重度の勃起障害(ED)といわれています。
軽度を含めると、さらに多くの男性が何らかの勃起障害(ED)に悩んでいるということになります。

勃起障害(ED)の原因と治療法

「加齢」
年齢を重ねるとともに、血液の流れが悪くなるため勃起障害(ED)の割合は増えていきます。
加齢により糖尿病・高血圧などの生活習慣病が増えることも原因だと言われています。

治療法・予防法としては、血液の流れを妨げないようにします。
動脈硬化を予防するため、動物性脂肪の多い食事を避け、飲酒・喫煙も控えます。
肥満により動脈硬化をおこす場合もありますので、バランスの良い適切な食事と運動も必要です。
加齢による勃起障害(ED)の治療と予防には、毎日の生活習慣の見直しが大切だということです。

「神経系の障害」
勃起を司る勃起中枢などの神経に障害があると、十分に勃起しない原因となってしまいます。
事故などで脊髄を損傷した場合にもおこるケースがあります。

治療法としては神経の障害が軽度であれば、ED治療薬を使用します。
ED治療薬の効果がない場合や、血管・神経が完全に断裂している場合は、陰茎に直接注射をする治療法をもちいます。
または断裂している血管にバイパス手術をおこなう治療法もあります。

「心因性」
心因性、トラウマ、心の問題が原因で勃起障害(ED)になる場合があります。
心因性の勃起障害は個人個人それぞれですが、ストレス・不安・疲れ・自信喪失などがきっかけの場合が多いようです。
性交時に勃起できないことがあると、次回も同じになるのではないかという不安から勃起障害(ED)になってしまうケースもあります。

不妊治療中のカップルに見られる「排卵日ED」も心因性によるものです。
これは排卵日に妊娠をのぞんでいるパートナーの女性からのプレッシャーを強く感じてしまいおこるものです。
強く妊娠をのぞむあまり義務感を感じてしまい、勃起障害(ED)をおこしてしまうのです

ED治療薬によって多くの人の症状は改善されるようです。
それと同時にスポーツなどで気分転換し発散したり、カウンセリングを受けるなどにより、心の健康を保つことも大切です。

ED気味の旦那様もいま話題のクラチャイダムで元気を回復!

まとめ

勃起障害(ED)とは、肉体的な原因だけでなく心因的な原因でもおこる症状です。
軽度なものも含めれば成人男性の多くが何らかの勃起障害(ED)であったり、経験したことがあるそうです。
加齢や生活習慣病、ストレス、不安など多くの原因がありますが、投薬や外科的アプローチによる治療法があります。

勃起障害(ED)によって性交が不十分なため妊娠できない場合がありますが、その多くは投薬によって改善し自然妊娠することも可能です。

重度の場合でも人工授精によって妊娠されるカップルもいます。

妊娠をのぞむ場合、カップルの年齢などを考慮してどのような不妊治療を選択するべきか医師に相談してください。

卵子を若返らせる『ミトコア300mg』の驚きの効果とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です