よかった!いらない?出産前後の準備品

初めての出産の時、自分のためにいるもの、赤ちゃんのためにいるもの・・・リストはたくさんあるけど本当にいるのかいらないのか全くわからないですよね?
私も本を読んだり出産経験のある友達に聞いて回りましたが、準備中も半信半疑で買っていました。
そこで、私が用意しておいて良かったもの、いらなかったもの、さらに貸してもらえてよかったものを紹介したいと思います。(哺乳瓶やおむつなど、あって当然のものは外しましたよ)
あかちゃん飲み物

あってよかった

授乳用のブラジャーとパジャマ

特にパジャマは授乳中でもバストが隠れるものをお勧めします。入院中、年配の方などはいきなりズカズカと入ってこられる方もいます。授乳中でも「いいよいいよ続けて」と言われても「こっちが良くない!」ですよね。ただ、価値観と世代の違いで気持ちがうまく伝わらないことも。嫌な思いをする前に自衛しましょう。

私はこちらの授乳服とマタニティ服専門の通販サイト専門の通販サイトで購入しましたよ(^^)

ドーナツクッション

産院では置いてあるところが多いと思いますが、なければ是非持って行ってください。「ないと本当に座れませんから!」もちろん自宅に帰ってからも必需品です。普通のクッションとは全然使用感が違いますので、出産前からご準備ください。

私はヨドバシの事務用品売り場で痔専用のクッションを買って使っていましたが、近くにいいお店がない場合はこちらのお医者さんの円座クッションが良さそうです。このクッションが5000円なので、近場で手に入る物の値段や座り心地を比べてから決めればいいと思います。

ハンドクリーム

赤ちゃんのお世話のたびの手洗いや乳首の消毒などで手が荒れてしまうことも。柔らかい赤ちゃんの肌を傷つけないためにもハンドクリームなどでケアをしましょう。選ぶ時にも無香料で赤ちゃんの肌に触れていいものを是非探してください。

なくてもよかった

続いては経験上なくてもいいと思ったアイテムです。

粉ミルクケース

1回分の粉ミルクを小分けしておく容器です。成長に合わせてミルクの飲む量も変わるので必要かなと思いましたが・・・ほとんど使いませんでした。家にいる時はその都度ミルク缶から測って作りましたが特別大変だと感じませんでした。
うちは夜泣きもほとんどなく、夜もたっぷり寝る子だったので真夜中にミルクを作ることもありませんでしたし、外出時は市販の小分けのスティックミルクを使用。試供品をもらう機会も多いし、使いやすくて便利でしたよ。自宅に赤ちゃんがやってきてから必要か考えて買う方がいいと思います。

鼻吸い器

赤ちゃんの鼻水を吸い取る器械。お友達から使って良かったと進められ購入しましたが、うちの子はとても嫌がって使わせてもらえませんでした。結局ガーゼタオルやおしりふきで鼻水を拭いていました。

貸してもらえてよかった

ベビーバス

赤ちゃんの入浴で使いますが、使うのはほぼ1ヶ月程度。あとは大人と一緒にお風呂で入浴します。しかし、初めの1ヶ月では必需品なのでないと大変。お友達や知り合いに聞いてみるといいかも。

クーハン

持ち手のついた赤ちゃんを寝かせておくためのかご。生後3ヶ月ぐらいまでしか使えないので買ってしまうのはもったいない。しかし、ぐずった赤ちゃんをあやしたりお昼寝した赤ちゃんの移動などとても便利でした。うちは部屋が狭くなるので買いませんでしたけど、ベビーラックやバウンサーなどは長く使えて便利かも。

最後に

赤ちゃん用品は産院によっておむつや哺乳瓶をプレゼントされる場合もあります。退院の時に(これ、もう買っちゃったよ・・・)となる前にあらかじめ産院の方に聞いておくといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です