妊娠中に便秘解消しておくこと 安産への道

先輩ママの経験談として、妊娠中にやっておけばよかったと思うことを教えてください

便秘の怖さをご存知でしょうか。ちょっとお腹が張るだけ。放っておいても平気。死ぬわけじゃない。と軽く考えていませんか?私は、便がお腹にたまった状態で陣痛がきて出産に至りました。地獄の苦しみでした。ひどい便秘の方は、ぜひ妊娠中に解消しておくことをおすすめします。

そもそも、妊娠後期には便秘がひどくなると言われています。いろんな原因がありますが、単純に力むのが怖いからという声が多いです。力んだら赤ちゃんが出てきそう。妊娠中は考え方もデリケートになりがちなので、侮れません。なので、力まずともするんと快便できるように、普段からマメに水分を取ること。食物繊維が豊富な食べ物を積極的に取り入れるなど工夫してみてください。また、適度な運動や散歩をすることで、血行促進に繋がり、便秘解消を助けてくれます。こまめにウォーキングを行うのも良いでしょう。

陣痛の痛みは、生理痛の重いような痛みです。生理の時に便意が重なると、引きつるような痛みがきて、それはもう痛くて立っていられないような経験をした人はいませんか?私は若い頃その痛みが尋常ではなくて失神しかけました。婦人科で確認してもらうと、便がたまっていることが原因でした。それからは生理前に便秘解消を心がけると、その痛みが全く無くなり驚きました。このような経験がある方は、出産時同じ痛みが押し寄せますので、安易に考えず、本気の便秘対策をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です