産まれてからベビーカーを購入すれば良かった

先輩ママの経験談として、妊娠中にやっておけばよかったと思うことを教えてください

出産準備をしているとき、これは必ず必要!と思い、ベビーカーと抱っこ紐を両方購入しました。抱っこ紐は人気で定番の新生児から使えるものを、友人のアドバイスを元に購入。ベビーカーはなるべく小さく折りたため、家の前の階段を担いで登れるようにと考え、6〜7キロ位のスタイリッシュなデザインの有名メーカーのものを購入しました。

さぁ、これでおでかけの準備はバッチリ!と安心して出産に望み、帝王切開での誕生となりました。

退院直後は歩くのもままならず、お腹の傷に触れて痛いので抱っこ紐が使えなかった為、ベビーカーを買って準備しておいて良かった!…と、思ったのですが、いざ息子を乗せてみるとギャン泣き。乗せた瞬間から嵐のように泣くのです。

第一子で、右も左も分からない新米の私にとって、泣き続ける息子を放置するなんてもっての外。
通りすがりのおばあちゃんなどにも心配されたり、注意されることもあり、可哀想になって乗せる事ができず、もう少し大きくなるまでは抱っこ紐で行こう!と、しばらくベビーカーを封印する事にしました。

しばらく経って首も座り、腰もしっかりしてきたので、そろそろいいかなと、久しぶりにチャレンジしてみる事に。その結果はやはりギャン泣きでした。外が見えないのが嫌なのかも?とリクライニングを起こしてみたり、おもちゃを取り付けて機嫌をとったり、ありとあらゆる手を尽くしましたが効果は無く、何ヶ月も試しましたが殆ど乗ってくれることはありませんでした。

息子が1歳を過ぎた頃から、どうしても電車で出かけないといけない用事が増え、抱っこ紐も辛くなってきたので、万が一グズって抱っこ紐を使う事になっても、息子とベビーカーを両方担げるようにと、軽さ重視でB型ベビーカーを買い換えた所、やっと乗ってくれる様になりました。

息子の場合ですが、一台目のベビーカーには前のバーが無かったのがお気に召さなかったようでした。バーにつかまっていることで安心できるし、ショルダーベルトを緩められるので、体を完全に起こして外を眺められるのが良かったようで、これまでの拒否がまるで嘘のようにベビーカーが大好きになりました。

今でもおでかけの際には車に積んで必ず持っていきますし、1歳を過ぎてからの購入でしたが、十分元は取れました。
子供によるのでしょうが、我が家の場合は産まれてからしっかり試して購入した方が無駄が無かったな…と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です